日本鉄バイオサイエンス学会

32回学術集会


トップページ >> 過去分 学会学術集会 >> 32回学術集会

学術集会開催の挨拶

第32回日本鉄バイオサイエンス学会学術集会開催にあたって

このたび、平成20年9月13日(土)・14日(日)の2日間、ウエディングプラザ アラスカ(青森市)において日本鉄バイオサイエンス学会第32回学術集会を開催するにあたり、ご参加の皆様には心から歓迎の御挨拶を申し上げます。
今回は本州最北の地青森での開催にもかかわらず、一般演題に22題の申込をいただきました。その中には、糖尿病と体内貯蔵鉄の関係についての話題もあり、C型肝炎と並んで今後の研究の進展が期待されます。シンポジウムとしては「細菌のユニークな鉄獲得・利用戦略」「HCV感染における鉄過剰症の実態」「ラクトフェリン研究の新展開」の3つのテーマを準備させていただきました。イブニングセミナーはエーザイ(株)に御協力いただき、浜松医科大学の菱田 明先生に「慢性腎臓病と貧血」についてのお話をしていただきます。
今回本学会の活動を広く社会に還元すべく、青森県ならびに青森県赤十字血液センターの御後援をいただきながら、市民公開講座を企画いたしました。鉄と健康についての正しい知識と認識が社会に幅広く浸透していくことを願っております。
至らぬ点が多々あるかと存じますが、多くの皆様のご参加、活発なご討論をいただくことにより、日本における“鉄学 Ironology”がますます発展し、今大会が皆様にとって実り多きものとなりますよう祈念いたします。
第32回日本鉄バイオサイエンス学会学術集会
会長 渡辺清隆(北里大学獣医学部)

会場へのアクセス

会場:ウェディングプラザ アラスカ
〒030-0801 青森市新町1-11-22
☎ 017-723-2233、FAX: 017-723-2361
http://www.alaskajapan.com/
JR青森駅から会場まで:徒歩で5分
青森空港からJR青森駅まで:バスで35分
*

参加者へのお知らせとお願い

開場および受付開始時刻

9月13日(土)午前10時から
9月14日(日)午前8時から

参加登録

参加受付は4F ダイヤモンドで行います。
参加費 5,000円(学生・大学院生は2,000円)
*受付で参加費をお支払いの上、ネームカードを受け取り、所属・氏名をご記入の上、会期中は必ず付けてください。

年会費および新入会の受付

年会費および新入会の受付は『日本鉄バイオサイエンス学会』事務局窓口にて手続きをお願いします。年会費は5,000円です。

総会

9月13日(土)12:30より4F ダイヤモンドにて開催いたします。
*正会員の方は必ず出席してください。やむを得ず欠席の場合には委任状をあらかじめお送りいただくか、当日の総会開催の前までに受付に提出してください。

世話人会

9月13日(土)11:00より3F エメラルドにて開催いたします。

演者の方へ

(1)講演時間
一般演題は口演7分、討論3分、計10分です。
シンポジウム1および2は口演15分、討論5分、計20分です。
シンポジウム3は口演25分、討論5分、計30分です。
口演終了1分前に1鈴、口演終了時に2鈴、討論終了時に3鈴が鳴ります。
(2)発表方法について
発表はデジタルプレゼンテーション限定とさせて頂きます。
発表される方で変更のある方は『ご自身のパソコン持ち込み』もしくは『CD-RまたはUSBフラッシュメモリーによる持ち込み』のいずれかでお願いいたします。尚、データをお持ちになる場合には、OSはWindows XP、ソフトウェアはPowerpoint 2003とさせて頂きます。
各発表の直前の休憩までに会場内の映写担当係にお渡しになり、動作の確認を行ってください。スケジュールが大変タイトになっております。早めのご確認をお願い致します。
(3)音声出力には対応できません。
(4)学会終了後に、事務局で受け付けた発表データは全て消去いたします。

座長・司会者へのお願い

開始予定時刻の15分前までには会場内にお越しください。
発表者の持ち時間の厳守をお願いいたします。

駐車場

ウエディングプラザ アラスカの駐車場(70台収容可)が利用できます。

呼び出し

会場内での呼び出しが必要な場合には、受付にお越しください。受付横に掲示するとともに会場内で表示いたします。

クローク

受付にお申し出ください。なお、貴重品はお預かりできませんのでご了承ください。

その他の注意事項

喫煙は指定された場所でお願い致します。
携帯電話は電源を切るかマナーモードにしておいてください。

イブニングセミナー

9月13日(土)17:20から
「慢性腎臓病(CKD)と貧血」について、菱田 明先生(浜松医科大学)にご講演いただきます。
エーザイ(株)との共催で開催されます。

イブニングセミナー情報交換会

9月13日(土)18:20から 会場:3F エメラルド
エーザイ(株)との共催で開催されます。

スケジュールと抄録目次 32th

1日目 2008/09/13(土)スケジュール

世話人会

11:00~12:30

総会 開会の挨拶

12:30~13:00
北里大学獣医学部 渡辺 清隆

一般講演1~10

13:00~14:40
座長(1~4) :東京大学大学院農業生命科学研究科 西澤 直子
座長(5~7) :玉野市立玉野市民病院内科 木村 文昭
座長(8~10):浜松医科大学第一内科 宮嶋 裕明
1.フェリチン結合タンパク(FBP)の解析
徳島文理大学薬学部機能形態学講座
○岡田 倫男、秋田 昌彦、松下 奈津子、大草 有記、阿部 友美、井上 正久、瀬津 弘順
2.正常ラットの鉄吸収に対する酸性キシロオリゴ糖の効果とそのメカニズム
1京都府大院・生命環境科学・栄養科学 2王子製紙(株)・総合研究所
○安井 梨紗1、若杉 悦子1、小林 ゆき子1、大渕 貴之2、石川 稿太郎2、桑波田 雅士1、木戸 康博1
3.鉄欠乏性貧血ラットの鉄生体利用に対する酸性キシロオリゴ糖の効果
1京都府大院・生命環境科学・栄養科学、2王子製紙(株)・総合研究所
○若杉 悦子1、大渕 貴之2、小林 ゆき子1、安井 梨紗1、石川 稿太郎2、桑波田 雅士1、木戸 康博1
4.鉄輸送キレーター(シデロフォア)の産生とその関連遺伝子群の検出によるAcinetobacter属菌臨床分離株の解析
松山大学薬学部衛生化学 ○舟橋 達也、山本 重雄
自治医科大学医学部細菌学 平井 義一
5.血清フェリチン値を中心とする時系列データーの解析に際しての盲点・留意点 ― 季節的変動と全血献血後の影響について ―
○高橋 豊
6.血清フェリチン値を追跡測定して貯蔵鉄を定量する方法
河村病院内科 ○齋藤 宏、前田 秀明
7.モンゴル人糖尿病患者の血清フェリチン値
モンゴル健康科学大学医学部、福岡県済生会八幡総合病院
○バトチュルーン バトツェツェグ、中山 智恵、松股 孝
8.遺伝的2型糖尿病ラットにおける鉄制限治療の効果
1岡山大学大学院医歯薬学総合研究科アンチエイジング食品科学・2大阪市立大学大学院医学研究科2肝胆膵外科・3循環器外科・4北里大学獣医学部獣医生化学
○南山 幸子1,2、竹村 茂一2、新川 寛二2、月岡 卓馬3、高台 真太郎3、末広 茂文3、渡辺 清隆4、岡田 茂1
9.鉄欠乏はウイルソン病の亜急性肝炎の予後を改善するのか
1愛知学院大学薬学部薬物治療、2名古屋大学医学部消化器内科、3市立四日市病院消化器科
○林 久男1、巽 康彰1、服部 亜衣1、林 和彦2、片野 義明2、後藤 秀実2、矢野 元義3
10.検査用採血・経静脈治療を考慮した瀉血バッグシステムの提案
1玉野市立玉野市民病院内科、2同看護科、3姫路聖マリア病院内科、4岡山大学医学部・歯学部付属病院第2内科
○ 木村 文昭1、重戸 伸幸1、森山 道彦1、福田 智子1、山原 茂裕1、深田 耕史1、三島 康男1、塩尻 加知与2、三坂 直江2、山根 史江2、正木 美恵2、石谷 真紀2、原田 悦子2、森国 三千代2、畑島 紀子2、松村 正3、谷本 光音4、木村 郁郎4

休憩

14:40~15:00

シンポジウム1 「細菌のユニークな鉄獲得・利用戦略」

15:00~16:00
座長(S1~S3) :北里大学獣医学部 折野 宏一
S1.病原ビブリオの鉄獲得戦略
松山大学薬学部衛生化学 ○山本 重雄
S2.歯周病細菌菌体表面ヘム鉄結合性タンパクの新規の分泌機構
長崎大学院医歯薬学総合研究科 口腔病原微生物学 ○中山 浩次
S3.乳酸菌における鉄結合蛋白質を介した酸素耐性機構
北里大学獣医学部細胞分子機能学 ○山本 裕司

一般講演11~13

16:00~16:30
座長(11~13) :川崎医科大学分子生物学2 岸 文雄
11.Angiotensin IIによる細胞内遊離2価鉄動態の検討
1徳島大院・ヘルスバイオサイエンス研究部・薬理学、2分子生物薬学、3薬物治療解析学、4徳島大・病院・薬剤部
○田島 壮一郎1,4、土屋 浩一郎2、濱本 磨以3、大西 秀樹1、元林 有紀1,4、堀ノ内 裕也1,4、山口 邦久1、石澤 啓介1、川添 和義4、水口 和生4、玉置 俊晃1
12.劇症疲労ラットのヘム代謝異常とその疲労への関与
1大阪大学・大学院生命機能研究科・代謝調節学、2CREST、JST、3理化学研究所・分子イメージング研究プログラム
植田 亮1,2、坂田 真一1,2、渡辺 恭良3、○岩井 一宏1,2
13.鉄過剰マウスモデルにおける鉄キレート療法による鉄代謝関連分子の変化の検討
旭川医科大学 内科学講座 消化器・血液腫瘍制御内科学分野
○細木 卓明、生田 克哉、神保 絢子、進藤 基博、佐藤 一也、大竹 孝明、高後 裕、旭川医科大学 消化管再生修復講座 佐々木 勝則、旭川医科大学病院 腫瘍センター 鳥本 悦宏

休憩

16:30~16:50

一般講演14~16

16:50~17:20
座長(14~16) :札幌医科大学第四内科 加藤 淳二
14.アスベスト誘発中皮腫発がん機構の解明
名古屋大学大学院医学系研究科病理病態学講座生体反応病理学
蒋 麗、永井 裕崇、大原 浩貴、胡 茜、吉原 美奈子、赤塚 慎也、○豊國 伸哉
15.鉄過剰症を伴う肝硬変に肝細胞がんを合併した男性多飲酒者-アルコール単独仮説を支持する鉄関連遺伝子解析結果-
1愛知学院大学薬学部薬物治療、2名古屋大学医学部消化器内科、3同保健学科臨床検査専攻
○巽 康彰1、林 久男1、服部 亜衣1、佐竹 沙也果1、滝浪 由季乃1、林 和彦2、片野 義明2、涌澤 伸哉3
16.トランスフェリンとマンガン脳症・制ガン剤開発
山形大学理学部 ○西田 雄三

イブニングセミナー 共催:エーザイ(株)

17:20~18:20
座長 :旭川医科大学第三内科 高後 裕
慢性腎臓病(CKD)と貧血
浜松医科大学第一内科 菱田 明

イブニングセミナー 情報交換会 共催:エーザイ(株)

18:20~20:00前後
会場:3F エメラルド

2日目 2008/09/14(日)スケジュール

シンポジウム2 「HCV感染における鉄過剰症の実態」

09:00~10:20
座長(S4~S7) :四日市市民病院消化器科 矢野 元義
S4.C型慢性肝炎における瀉血治療による除鉄量からの評価
名古屋大学医学部消化器内科
○林 和彦、片野 義明、後藤 秀実
S5.C型慢性肝炎患者における鉄調整関連分子の肝内発現異常
1三重大学大学院医学系研究科病態制御医学講座消化器内科学、2金沢医科大学総合医学研究所先進医療研究部門、3愛知学院大学薬学部
〇藤田 尚己1、竹尾 雅樹1、竹井 謙之1、友杉 直久2、林 久男3
S6.C型慢性肝炎における鉄代謝異常と鉄吸収関連分子の発現検討
札幌医科大学第四内科
○小船 雅義、宮西 浩嗣、加藤 淳二
S7.鉄代謝異常からみたC型肝炎の肝発癌機構
1川崎医科大学肝胆膵内科、2社会保険小倉記念病院、3厚生連周東総合病院
○日野 啓輔1、仁科 惣治2、古谷 隆和

一般講演17~18

10:20~10:40
座長(17~18) :名古屋大学大学院医学系研究科 豊國 伸哉
17.造血幹細胞移植における血清ヘプシジン値と造血能
京都大学大学院医学研究科 血液・腫瘍内科学 ○諫田 淳也、水本 智咲、川端 浩、内山 卓
金沢医科大学 総合医学研究所 先進医療研究部門 土田 秀行、友杉 直久
愛知県がんセンター研究所 疫学予防部 松尾 恵太郎
18.磁性ナノ粒子を用いた間葉系幹細胞シートの下肢虚血治療への応用
1名古屋大学医学部プロテアーゼ臨床応用学講座、2名古屋大学大学院医学研究科循環器内科学、3名古屋大学大学院工学研究科生物プロセス工学、4九州大学工学研究科化学プロセス・生命工学
○石井 正和1、沼口 靖1、窪田 龍二2、馬 秀楊1、清水 和憲3、本多 裕之3、井藤 彰4、室原 豊明2

休憩

10:40~11:00

一般講演19~22

11:00~11:40
座長(19~22) :大阪大学大学院生命機能研究科 岩井 一宏
19.鉄—硫黄クラスター生合成系の鉄代謝制御における役割の解明
大阪大学大学院生命機能研究科 代謝調節学
○武田 有紀子、浅野 剛史、岩井 一宏
20.破骨細胞分化過程における鉄代謝機構の役割
長崎大学院医歯薬学総合研究科 口腔病態薬理学 ○坂井 詠子、筑波 隆幸
長崎大学 歯学部 嶋田 めぐみ
長崎大学院医歯薬学総合研究科 口腔病原微生物学 雪竹 英治、中山 浩次
21.赤血球成熟過程における鉄取り込み促進機構の解明
川崎医科大学・分子生物学2(遺伝学)
田淵 光昭、簗取 いずみ、○岸 文雄
22.Cys-881は無セルロプラスミン血症における変異セルロプラスミン蛋白の細胞内輸送に重要である
浜松医科大学 第一内科 ○河野 智、宮嶋 裕明

シンポジウム3 「ラクトフェリン研究の新展開」

11:40~12:40
座長(S8~S9) :北里大学獣医学部 渡辺 清隆
S8.ラクトフェリン受容体の構造と機能
サラヤ株式会社バイオケミカル研究所 ○鈴木 靖志
S9.中枢神経系に対するラクトフェリンの新規作用
鳥取大学農学部 獣医臨床検査学 ○竹内 崇

閉会の挨拶

12:40~
北里大学獣医学部 渡辺 清隆

出欠表(HTML版)

下記内容は、32回学術集会の出欠表のHTML版(見本)です。

原本はこちらのdocファイルからダウンロードしてプリントし、FAX or 郵送 or E-mail で送信願います。
----------------------------------------------------------------------

FAX:0176-23-8703
北里大学獣医学部獣医生化学研究室
第32回日本鉄バイオサイエンス学会学術集会事務局 宛

From 所属                     氏名            

第32回日本鉄バイオサイエンス学会 学術集会 出欠表

     当日の運営、参加人員の把握のためにご協力をお願い致します。
下記のいずれかにチェックしてください。
□ 出席   □ 欠席
                                        

第32回日本鉄バイオサイエンス学会 総会 出欠表

  総会の出欠についてお伺い致します。下記のいずれかにチェックしてください。
欠席の場合には委任状を提出してください。
□ 出席   □ 欠席
                                        
委任状
私は      を代理人として、第32回日本鉄バイオサイエンス学会総会の議事について委任するものです。
     年   月   日
氏名            
なお、代理人氏名に記入がない委任状は大会長を代理人としたものとして取扱います。
                                        


講演要旨の書き方(書式)

  1. 抄録はマイクロソフトワードを用いて、下記の書式で作成願います。
  2. 余白は、上40mm、下および左右は20mmとしてください。
  3. フォントは「MS P明朝」を使用してください。
  4. タイトルは14ポイントで太字センタリング所属は10ポイント氏名は12ポイント姓と名の間を1文字空けてください。また、所属・氏名は右寄せしてください。発表者に○をつけてください。
  5. タイトルと所属・氏名、所属・氏名と本文の間には改行を2回入れてください。
  6. 本文は12ポイントで、【目的】、【方法】、【結果】、【考察】、【結語】などの項目を設けて書いていただいても、それらが分かるように段落分けして書いていただいても構いません。1ページ以内に収まるようにしてください。最大で約35行、1400文字程度となります。
  7. 行間の設定は「1行」、「1ページの行数を指定時に文字を行グリッド線に合わせる」のチェックは外してください。
  8. お送りいただいた抄録の書式は事務局で適宜変更させていただくこともあります。あらかじめご了承ください。
  9. 本文中に図や写真を使用していただいても構いませんが、提出の際に図が含まれることをお知らせください
  10. 、図、写真はモノクロのみとさせていただきます。印刷の都合上、文字化け、コントラストなどがうまく出ないことがあるかもしれませんが、あらかじめご了承ください。
  11. 著者による校正はありません。

6月30日(月)までに、講演要旨のファイルをメールに添付して
jbis08@vmas.kitasato-u.ac.jp
宛にお送りください。

1週間以内に事務局より受理の連絡をいたしますので、1週間たっても連絡がない場合には、事務局までお問い合わせください。

なお、発表はパワーポイントによるデジタルプレゼンテーションのみで、OSはWindows XP、ソフトウェアはPowerpoint 2003とさせて頂きます。一般講演の発表時間は、10分(討論を含む)です。


32回学術集会開催、演題(講演要旨)募集のお知らせ

拝啓

新緑の候、皆様には益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。
さて、第32回日本鉄バイオサイエンス学会学術集会を本年9月に青森市で開催することとなりました。皆様の日頃の研究成果を積極的に発表して頂き、鉄代謝に関する議論を大いに深めて頂ければと思います。今回は下記のように3つのシンポジウムを企画し、また、市民公開講座を開催する予定です。学生・大学院生を含め、多くの先生方にご参加いただきますようお願い申し上げます。

敬具


講演要旨の受付について(32回学術集会)

受付期間
平成20年5月1日から平成20年6月30日までの予定
受付方法
Wordファイルに記載し、添付ファイルにて下記メールアドレスにご送信願います。(詳細は4月下旬に会員宛に郵送します。)
演題(講演要旨)募集のお知らせ
講演要旨の書き方(書式)
  • 事務局:北里大学獣医学部獣医生化学研究室
  • 渡辺清隆(事務担当:折野宏一)
  • 電話:0176-24-9409、ファックス:0176-23-8703
  • E-mail:jbis08@vmas.kitasato-u.ac.jp

第32回学術集会 詳細

第32回日本鉄バイオサイエンス学会学術集会
  • 日時:平成20年9月13日(土)、9月14日(日)
  • 場所:ホテル アラスカ(ウェディングプラザ アラスカ)
  • 〒030-0801 青森市新町1-11-22
  • 電話 017-723-2233、ファックス 017-723-2361
  • http://www.alaskajapan.com/
  • 会長:渡辺 清隆 先生(北里大学獣医学部 獣医生化学教室)
  • 他、詳細が決まり次第ご報告致します