日本鉄バイオサイエンス学会

34回学術集会


トップページ >> 34回学術集会

ご発表の方へのご案内 34th

一般演題発表の方へ

(1)口演発表
 全てPCによる発表に限定させて頂きます。(メディアの持ち込み。PC本体の持ち込みいずれでも可能です。)
(2)メディアの持ち込みについて
 学術集会のパソコンは、OSがWindows XP,Vistaで、アプリケーションソフトは Microsoft PowerPoint 2003,2007がご利用いただけます。
 ※Macintoshのご利用を希望される場合は、ご自身でMac本体を持参下さい。
 プロジェクター解像度: 1024×768ドット
 利用可能なメディアは、CD-R(ROM) / USBメモリーのみとなっています。 ※CD-RW,FD,ZIPなどは受付できません。
 保存ファイル名は抄録集掲載の『演題番号』と『氏名』を入力して下さい。
※(例)01 日鉄太郎
 動画・音声のご利用はできません。必要な場合は事前にご連絡下さい。
 静止画像はJPEG形式での作成を推奨します。
 発表データは、ご自身のPC以外でも文字化け等がなく、データを読み込めるかどうか予めご確認の上ご持参下さい。
 フォントは特殊なものではなく、PowerPointに設定されている標準的なフォントをご使用下さい。
 お持ち込みになるメディアは、事前に最新のウィルスチェック駆除ソフトでチェックを行って下さい。
 当日はご自身で演台上のマウス・キーボードを操作していただきます。
(3)PC発表のページ数(画面数)と発表時間について
 発表ページ数(画面数)に制限はありませんが、時間厳守でお願い致します。
 発表時間は1題10分(発表7分、討論3分)です。
 発表開始の10分前までに、会場前方の次演者席にお付き下さい。
(4)メディアの受付
 発表予定時間の30分前までに、PC試写デスクにて受付と試写をお済ませ下さい。
 メディアの内容を登録・確認致します。PC試写デスクでは修正・変更はできませんので、予めご了承ください。
 コピーしたメディアの内容は、事務局にて責任を持って最終日に消去致します。
(5)PCの持ち込みについて (Windows 及びMacintoshとも)
 発表予定時間の30分前までにお越し下さい。
 試写用のモニターにて接続を確認して下さい。D-sub15ピン(ミニ)のケー ブルをご用意致します。(パソコンによっては本体附属のコネクタが必要な場 合がありますので、その場合は必ずご持参下さい。)
 プロジェクター解像度:1024×768画面に設定を合わせて下さい。
 動画も利用可能ですが、実際に持ち込むPCで再生できることを事前にご確 認下さい。
 音声の利用はできません。
 電源ケーブルを必ずお持ち下さい。
 念のため、バックアップデータを必ずお持ち下さい。
 演台上にセットされているマウス・キーボードを操作していただきます。

シンポジウムの演者の方へ

発表は全てPCによる発表に限定させて頂きます。メディアの持ち込み、メディア受付については、一般演題と同様に準備をお願いします。講演時間、討論形式などは、座長に一任しておりますので、その指示に従って下さい。

座長の方へ

(1)担当セッション開始の15分前に、各会場の次座長席にお着き下さい。
(2)一般演題は、発表7分、討論3分です。時間厳守でお願い致します。
(3)シンポジウムにつきましては座長一任と致します。時間厳守でお願い致します。

スケジュールと抄録目次 2日目(テキスト版) 34th

2日目 2010/09/12(日)スケジュール

PDF版はこちら

1日目のスケジュールはこちら


参加受付 【会場:第一会場 5F ホールD5】

9:00~

一般演題6 【会場:第一会場 5F ホールD5】

09:30~10:00
座長:加藤 淳二(札幌医科大学内科学第4講座)
【19. 非アルコール性脂肪肝における非トランスフェリン結合鉄(NTBI)の検討】
大竹孝明(旭川医科大学内科学講座消化器・血液腫瘍制御内科学分野)
生田 克哉(旭川医科大学内科学講座消化器・血液腫瘍制御内科学分野)
長谷部 拓夢(旭川医科大学内科学講座消化器・血液腫瘍制御内科学分野)
中嶋 駿介(旭川医科大学内科学講座消化器・血液腫瘍制御内科学分野)
澤田 康司(旭川医科大学内科学講座消化器・血液腫瘍制御内科学分野)
阿部 真美(旭川医科大学内科学講座消化器・血液腫瘍制御内科学分野)
鈴木 康秋(旭川医科大学内科学講座消化器・血液腫瘍制御内科学分野)
高後 裕(旭川医科大学内科学講座消化器・血液腫瘍制御内科学分野)
田中 宏樹(旭川医科大学消化管再生修復医学講座)
佐々木 勝則(旭川医科大学消化管再生修復医学講座)
鳥本 悦宏(旭川医科大学病院腫瘍センター)
【20. C型慢性肝炎患者の体内貯蔵鉄量と食品群別鉄摂取量の検討】
中谷 友恵(三重大学医学部附属病院栄養管理部栄養指導管理室)
岩田 加壽子(三重大学医学部附属病院栄養管理部栄養指導管理室)
原 なぎさ(三重大学医学部附属病院栄養管理部栄養指導管理室)
石留 真寿美(三重大学医学部附属病院栄養管理部栄養指導管理室)
岩佐 元雄(三重大学医学部病態制御医学、講座消化器内科学)
宮地 洋英(三重大学医学部病態制御医学、講座消化器内科学)
田中 秀明(三重大学医学部病態制御医学、講座消化器内科学)
藤田 尚己(三重大学医学部病態制御医学、講座消化器内科学)
小林 由直(三重大学医学部病態制御医学、講座消化器内科学)
竹井 謙之(三重大学医学部病態制御医学、講座消化器内科学)
小林 由直(三重大学保健管理センター)
【21. 慢性C型肝炎除鉄治療に対する各種栄養素の影響の検討】
佐原 亜衣(玉野市立玉野市民病院栄養科)
木村 文昭(玉野市立玉野市民病院内科)
重戸 伸幸(玉野市立玉野市民病院内科)
福田 智子(玉野市立玉野市民病院内科)
山原 茂裕(玉野市立玉野市民病院内科)
三島 康男(玉野市立玉野市民病院内科)
谷本 光音(岡山大学医学部・歯学部、附属病院第2内科)
木村 郁郎(岡山大学医学部・歯学部、附属病院第2内科)

シンポジウムⅡ 【会場:第一会場 5F ホールD5】 共催:中外製薬(株)

10:10~12:10
【鉄代謝の基礎と臨床】
座長:友安 茂(昭和大学医学部附属病院血液内科)、川端 浩(京都大学大学院医学研究科血液・腫瘍内科)
S2-1. ヘプシジン3アイソフォーム同時定量法の確立とその基礎的・臨床的意義
生田 克哉(旭川医科大学内科学講座消化器・血液腫瘍制御内科学分野)
佐々木 雄亮(中外製薬株式会社育薬、研究部)
下中 靖(中外製薬株式会社育薬、研究部)
高後 裕(旭川医科大学内科学講座消化器・血液腫瘍制御内科学分野)
S2-2. 急性骨髄性白血病細胞におけるtransferrin receptor1および2 mRNA の発現
中牧 剛(昭和大学内科学血液内科学部門)
S2-3. 鉄代謝異常と神経変性疾患
岩井 一宏(大阪大学・大学院生命機能研究科・代謝調節学/大学院医学系研究科・医化学)
S2-4. 鉄と破骨細胞
池田 恭治((独)国立長寿医療研究センター)
S2-5. 輸血後鉄過剰症に対する鉄キレート療法
小澤 敬也(自治医科大学内科学講座血液学部門)

ランチョンセミナーⅡ【会場:第一会場 5F ホールD5】共催:ノバルティスファーマ(株)

12:30~13:30
「LS2. 鉄代謝のメカニズムとキレート療法の進歩」
座長:澤田 賢一(秋田大学医学部内科学講座血液内科学分野・腎臓膠原病内科学分野)
高後 裕(旭川医科大学内科学講座消化器・血液腫瘍制御内科学分野)

一般演題7 【会場:第一会場 5F ホールD5】

13:40~14:20
座長:川端 晃幸(岡山理科大学理学部応用物理学科)
【22. マウス骨髄細胞及びヒト末梢血幹細胞を用いた培養系における鉄過剰及び除鉄のerythroid分化に対する影響の検討】
田岡 和城、熊野 恵城、合山 進、今井 陽一、半下石 明、黒川 峰夫(東京大学大学院医学系研究科血液・腫瘍内科学)
【23. ミトコンドリア膜蛋白質Transmembrane Protein 14C の発現制御機構及び機能解析】
藤原 亨(東北大学大学院医学系研究科・血液分子治療学)
Emery H Bresnick(Wisconsin Institutes of Medical Research, and UW Carbone Cancer Center)
張替 秀郎(東北大学大学院医学系研究科・血液免疫病学分野)
【24. Iron uptake facilitator LS5-81のHIF-1α発現抑制効果】
田中 宏樹(旭川医科大学消化管再生修復医学講座、Feist-Weiller Cancer Center, LSU Health Sciences Center-Shreveport)
生田 克哉(旭川医科大学内科学講座消化器・血液腫瘍内科学分野)
佐々木 勝則(旭川医科大学消化管再生修復医学講座)
細木 卓明(旭川医科大学内科学講座消化器・血液腫瘍内科学分野)
鳥本 悦宏(旭川医科大学内科学講座消化器・血液腫瘍内科学分野)
中村 正雄(旭川医科大学実験実習機器センター)
阿久津 弘明(旭川医科大学実験実習機器センター)
Zhen Li(Feist-Weiller Cancer Center, LSU Health Sciences Center-Shreveport)
Jonathan Glass(Feist-Weiller Cancer Center, LSU Health Sciences Center-Shreveport)
高後 裕(旭川医科大学内科学講座消化器・血液腫瘍内科学分野)
【25. PC12細胞を用いた鉄による酸化ストレス傷害と不安定鉄プール】
尾崎 哲哉、平石 勤、川端 晃幸(岡山理科大学・理・応用物理学科)

一般演題8 【会場:第一会場 5F ホールD5】

14:30~15:00
座長:秋田 昌彦(徳島文理大学薬学部)
【26. 食餌鉄が過剰なときにはSLC11A2 の発現抑制が十二指腸上皮細胞を保護するのに重要である】
豊國伸哉(名古屋大学医学系研究科生体反応病理学、京都大学医学研究科病態生物医学)
白瀬 智之(京都大学医学研究科病態生物医学)
森 潔(京都大学医学研究科内分泌・代謝内科学)
岡崎 泰昌(名古屋大学医学系研究科生体反応病理学)
伊東 健(弘前大学医学研究科分子生態防御学)
山本 雅之(東北大学医学研究科医化学)
田淵 光昭(川崎医科大学分子生物学)
岸 文雄(川崎医科大学分子生物学)
蒋 麗(名古屋大学医学系研究科生体反応病理学)
赤塚 慎也(名古屋大学医学系研究科生体反応病理学)
中尾 一和(京都大学医学研究科内分泌・代謝内科学)
【27. 心筋炎により心臓内鉄関連蛋白の遺伝子発現は著明に亢進する】
豊國伸哉(名古屋大学医学系研究科生体反応病理学、京都大学医学研究科病態生物医学)
塙 晴雄、羽尾 和久、吉田 香織、小玉 誠、相澤 義房(新潟大学大学院医歯学総合研究科循環器学分野)
【28. microRNA 199/214は鉄誘発高悪性度ラット中皮腫の特徴である】
岡崎 泰昌(名古屋大学大学院医学系研究科生体反応病理学)
胡 茜(名古屋大学大学院医学系研究科生体反応病理学)
赤塚 慎也(名古屋大学大学院医学系研究科生体反応病理学)
山下 依子(名古屋大学大学院医学系研究科生体反応病理学)
大原 浩貴(名古屋大学大学院医学系研究科生体反応病理学)
永井 裕崇(名古屋大学大学院医学系研究科生体反応病理学)
蒋 麗(名古屋大学大学院医学系研究科生体反応病理学)
高橋 隆(名古屋大学大学院医学系研究科分子腫瘍学)
豊國 伸哉(名古屋大学大学院医学系研究科生体反応病理学)

閉会の挨拶 【会場:第一会場 5F ホールD5】

15:00~15:10
会長 浦部 晶夫(NTT関東病院 予防医学センター所長)

スケジュールと抄録目次 1日目(テキスト版) 34th

1日目 2010/09/11(土)スケジュール

PDF版はこちら

2日目のスケジュールはこちら


参加受付 【会場:第一会場 5F ホールD5】

9:00~

世話人会 【会場:ガラス棟 4F G409】

9:45~10:45

開会の挨拶 【会場:第一会場 5F ホールD5】

10:45~11:00
会長 浦部 晶夫(NTT関東病院 予防医学センター所長)

一般演題1 【会場:第一会場 5F ホールD5】

11:00~11:40
座長:岸 文雄(川崎医科大学分子生物学)
【1. 非分泌型ヘプシジン20,22,25の細胞増殖抑制効果】
佐々木 勝則(旭川医科大学消化管再生修復医学講座)
生田 克哉(旭川医科大学内科学講座消化器・血液腫瘍制御内科学分野)
細木 卓明(旭川医科大学内科学講座消化器・血液腫瘍制御内科学分野)
大竹 孝明(旭川医科大学内科学講座消化器・血液腫瘍制御内科学分野)
鳥本 悦宏(旭川医科大学病院腫瘍センター)
田中 宏樹(旭川医科大学消化管再生修復医学講座)
高後 裕(旭川医科大学内科学講座消化器・血液腫瘍制御内科学分野)
【2.オンコスタチンMはヘプシジンの発現を増加させる】
坂本 宗一郎(京都大学大学院医学研究科血液・腫瘍内科学)
諫田 淳也(京都大学大学院医学研究科血液・腫瘍内科学)
内山 達樹(京都大学大学院医学研究科血液・腫瘍内科学)
水本 智咲(京都大学大学院医学研究科血液・腫瘍内科学)
鳥本 悦宏(旭川医科大学病院腫瘍センター)
友杉 直久(金沢医科大学総合医学研究所先進医療研究部門)
川端 浩(京都大学大学院医学研究科血液・腫瘍内科学)
【3.ヒト血清トランスフェリンとその受容体の複合体構造モデルと分子認識機構の解明】
坂尻 徹也(盛岡大学栄養科学部)
矢島 博文(東京理科大学理学部)
菊地 武司(立命館大学生命科学部)
下仲 基之(東京理科大学理学部)
山村 堯樹(盛岡大学栄養科学部)
【4.ヘムと非ヘム鉄の輸送機構の解明】
簗取 いずみ(川崎医科大学 分子生物学2)
安井 ゆみこ(川崎医科大学 分子生物学2)
河合 泰宏(川崎医科大学 分子生物学2)
赤木 玲子(安田女子大学 薬学部)
岸 文雄(川崎医科大学 分子生物学2)

ランチョンセミナーⅠ【会場:第一会場 5F ホールD5】共催:エーザイ(株)

12:00~13:00
「LS1.エビデンスにもとづいた鉄欠乏性貧血の診断と治療)」
座長:吉田 弥太郎(医仁会武田総合病院血液病センター長)
内田 立身(大樹会総合病院回生病院)

一般演題2 【会場:第一会場 5F ホールD5】

13:20~13:50
座長:高後 裕(旭川医科大学第3内科)
【5.鉄過剰症の診断体系の構築と新しい症例での検証】
林 久男(愛知学院大学薬学部薬物治療)
巽 康彰(愛知学院大学薬学部薬物治療)
服部 亜衣(愛知学院大学薬学部薬物治療)
友杉 直久(金沢医科大学腎臓内科)
金子 佳史(金沢大学医学部消化器内科)
岡田 俊英(金沢大学医学部消化器内科)
諸冨 夏子(北九州市立門司病院内科)
前田 崇(昭和大学医学部血液内科)
友安 茂(昭和大学医学部血液内科)
齋藤 宏(河村病院内科)
【6.血清フェリチン動態から見た鉄正常および鉄過剰症の貯蔵鉄代謝】
齋藤 宏(河村病院内科)
富田 章裕(名古屋大学血液内科)
大橋 春彦(国立名古屋医療センター)
林 久男(愛知学院大歯学部)
前田 秀明(河村病院内科)
【7.全血献血のもたらす血清Ferritin やALT 値他の低減効果とその持続期間の再検討】
高橋 豊(元関西電力大飯発電所健康管理室)

一般演題3 【会場:第一会場 5F ホールD5】

14:00~14:40
座長:秋葉 隆(東京女子医科大学腎臓病総合医療センター)
【8.2型糖尿病モデルマウスに対する鉄キレート剤による糖尿病改善効果の検討】
田島 壮一郎(徳島大院・ヘルスバイオサイエンス研究部・薬理学、徳島大・病院・薬剤部)
池田 康将(徳島大院・ヘルスバイオサイエンス研究部・薬理学)
土屋 浩一郎(徳島大院・ヘルスバイオサイエンス研究部・分子生物薬学)
山野 範子(徳島大院・ヘルスバイオサイエンス研究部・薬理学)
堀ノ内 裕也(徳島大院・ヘルスバイオサイエンス研究部・薬理学、徳島大・病院・薬剤部)
櫻田 巧(徳島大院・ヘルスバイオサイエンス研究部・薬理学、徳島大・病院・薬剤部)
木平 孝高(徳島大院・ヘルスバイオサイエンス研究部・薬理学)
石澤 啓介(徳島大院・ヘルスバイオサイエンス研究部・分子生物薬学)
川添 和義(徳島大・病院・薬剤部)
冨田 修平(徳島大院・ヘルスバイオサイエンス研究部・薬理学)
水口 和生(徳島大・病院・薬剤部)
玉置 俊晃(徳島大院・ヘルスバイオサイエンス研究部・薬理学)
【9.鉄栄養状態が異なるラット小腸への鉄投与が門脈血および動脈血のnon-transferrin bound iron (NTBI) 濃度に及ぼす影響】
篠田 粧子、多田井 幸揮、野崎 江里子、岩崎 亜衣、加藤 貴子、山本 真智子(首都大学東京人間健康科学研究科ヘルスプロモーションサイエンス学域)
【10.維持透析患者における血清non transferrin bound iron (NTBI)値とerythropoiesis stimulating agent (ESA) 反応性との関連】
倉賀野 隆裕(兵庫医科大学内科学腎・透析科)
生田 克哉(旭川医科大学第三内科)
古田 穣(兵庫医科大学内科学腎・透析科)
木田 有利(兵庫医科大学内科学腎・透析科)
北村 理恵(兵庫医科大学内科学腎・透析科)
名波 正義(兵庫医科大学内科学腎・透析科)
小瀧 慶長(兵庫医科大学内科学腎・透析科)
蓮池 由起子(兵庫医科大学内科学腎・透析科)
野々口 博史(兵庫医科大学内科学腎・透析科)
高後 裕(旭川医科大学第三内科)
中西 健(兵庫医科大学内科学腎・透析科)
【11.維持透析患者におけるfrataxin減少と酸化ストレスの関連】
蓮池 由起子、濱 保江、小瀧 慶長、名波 正義、倉賀野 隆裕、野々口 博史、中西 健(兵庫医科大学内科学腎・透析科)

一般演題4 【会場:第一会場 5F ホールD5】

14:50~15:30
座長:吉川 治(社会保険蒲田総合病院内科)
【12.サラセミアの経過中に発症し、デフェラシロクスが貧血の改善に有効であった骨髄異形成症候群(RAEB-2)】
中川 靖章(日本赤十字社医療センター血液内科、化学療法科)
飯塚 浩光、西山 小百合、阿部 有、林 さやか、関根 理恵子、鈴木 憲史(日本赤十字社医療センター血液内科)
【13.再生不良性貧血における血清フェリチン値の免疫抑制療法に対する治療反応予測因子としての意義】
伊藤 歩、半下 石明、杉元 理子、森岡 剛彦、木田 理子、臼杵 憲祐(NTT東日本関東病院血液内科)
【14.急性骨髄性白血病の治療成績と診断時血清フェリチン値との相関】
半下 石明、伊藤 歩、木田 理子、臼杵 憲祐(NTT東日本関東病院血液内科)
【15.造血器疾患に対する同種造血幹細胞移植における予後因子としての血清フェリチン値の有用性の検討】
高橋 渉、佐々木 光、和泉 宏昌、鴇田 勝哉、礒 桐子、新井 ほのか、鶴見 茂治、半田 智幸、田所 治朗、仲村 祐子、中村 由香、牧 和宏、三谷 絹子(獨協医科大学内科学(血液・腫瘍))

一般演題5 【会場:第一会場 5F ホールD5】

15:30~16:00
座長:木村 文昭(玉野市民病院内科)
【16. GlycyrrhizinはHCVタンパクと鉄負荷による肝脂肪化を抑制する】
仁科 惣治、是永 匡紹、佐々木 恭、中島 義博、多田 大和、河瀬 智也、富山 恭行、吉岡 奈穂子、原 裕一、吉田 浩司、是永 圭子、日野 啓輔(川崎医科大学肝胆膵内科)
【17. C型慢性肝炎における鉄代謝異常の発生機序の検討】
田中 信悟、宮西 浩嗣、永島 裕之、小船 雅義、加藤 淳二(札幌医科大学第4内科)
【18. 非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)の発症進展における鉄過剰の関与とその原因探索の試み】
藤田 尚己(三重大学大学院医学系研究科病態制御医学講座消化器内科学)
宮地 洋英(三重大学大学院医学系研究科病態制御医学講座消化器内科学)
杉本 龍亮(三重大学大学院医学系研究科病態制御医学講座消化器内科学)
石留 真寿美(三重大学附属病院栄養指導管理室)
原 なぎさ(三重大学附属病院栄養指導管理室)
岩田 加壽子(三重大学附属病院栄養指導管理室))
岩佐 元雄(三重大学大学院医学系研究科病態制御医学講座消化器内科学)
小林 由直(三重大学大学院医学系研究科病態制御医学講座消化器内科学)
友杉 直久(金沢医科大学総合医学研究所先進医療研究部門)
垣内 雅彦(みえ消化器内科)
竹井 謙之(三重大学大学院医学系研究科病態制御医学講座消化器内科学)

シンポジウムⅠ 【会場:第一会場 5F ホールD5】 共催:協和発酵キリン(株)

16:15~18:15
【日本のポルフィリン症】
座長:近藤 雅雄(東京都市大学人間科学部)、張替 秀郎(東北大学血液・免疫病学)
S1-1. ポルフィリン症とは
張替 秀郎(東北大学大学院医学系研究科血液・免疫病学分野)
S1-2. 日本のポルフィリン症
近藤 雅雄(東京都市大学人間科学部)
S1-3. 晩発性皮膚ポルフィリン症と鉄
近藤 雅雄(東京都市大学人間科学部)
S1-4. ポルフィリン症と鉄代謝
竹谷 茂(京都工芸繊維大学応用生物学部門)
S1-5. 先天性代謝疾患「ポルフィリン症」の相談窓口の全国展開
堀江 裕(島根県済生会江津総合病院消化器科)

総会 【会場:第一会場 5F ホールD5】

18:20~18:50

会員情報交換会 【会場:東京會館 1F シルバー】

18:20~18:50

第34回日本鉄バイオサイエンス学会学術集会 大会長挨拶

此の度、第34回日本鉄バイオサイエンス学会学術集会を平成22年 9月11日(土)、12日(日)に東京国際フォーラムで開催させて頂くことになりました。
本大会では、これまで日本の学会では話題になることの少なかった「ポルフィリン症」をシンポジウムとして取り上げることに致しました。また、「鉄代謝の基礎と臨床」として最近の話題をシンポジウムで取り上げたほか、ランチョンセミナーでは、鉄の欠乏症と過剰症をそれぞれ概説して頂くことに致しました。
鉄の代謝に関する話題が医学生物学の広い領域で注目を集めておりますところ、今回興味深い一般演題を多数ご応募頂きましたので、活発な討論がなされるものと期待しております。
なお、情報交換会は東京国際フォーラムのすぐ近くの東京會舘で催しますので、参加各位の懇親にお役立て頂き、また学会の疲れを癒して頂ければ幸甚に存じます。

プログラム

シンポジウム(予定)

「日本のポルフィリン症」
近藤 雅雄 先生 (東京都市大学 人間科学部)
張替 秀郎 先生 (東北大学 血液免疫内科)
竹谷 茂 先生 (京都工芸繊維大学 応用生物学部門)
高村 昇 先生 (長崎大学 放射線疫学)
堀江 裕先生 (済生会江津総合病院)
「鉄代謝の基礎と臨床」
岩井 一宏先生 (大阪大学 生命機能研究科)
池田 恭治先生 (国立長寿医療研究センター)
小澤 敬也先生 (自治医科大学 血液学)
生田 克哉先生 (旭川医科大学 第3内科)
中牧 剛先生 (昭和大学 血液内科)

出欠表(HTML版)

下記内容は、33回学術集会の出欠表のHTML版(見本)です。

原本はこちらのpdfファイルをダウンロードしてプリントし、FAX or 郵送 or E-mail で送信願います。


第34回学術集会開催の挨拶

第33回日本鉄バイオサイエンス学会学術集会開催にあたって

 鉄代謝に関しては、近年新しい知見が数多く明らかにされ、基礎医学ならびに臨床医学において興味ある話題が豊富になって参りました。また、動物学、植物学や農学領域においても鉄の重要性が注目を集めています。第34回日本鉄バイオサイエンス学会学術集会では、鉄の生命科学における最新情報を広く深く討論して頂ける集まりになるよう企画を進めておりますので、多数の皆様の御参加をお願い申し上げます。
第34回日本鉄バイオサイエンス学会学術集会
会長 浦部 晶夫
(NTT関東病院 予防医学センター所長)

第34回学術集会 詳細2

第34回学術集会 詳細が決まりましたので、下記報告申し上げます。

サイト内でも順次追加して行きますので、ひとまずは下記サイトをご参照くださいませ

http://accessbrain.co.jp/jbis34/

第34回学術集会 詳細

第34回日本鉄バイオサイエンス学会学術集会
  • 日時:平成22年9月11日(土)、9月12日(日)
  • 場所:東京国際フォーラム
  • 〒100-0005 東京都千代田区丸の内三丁目5番1号
  • 電話(NTT関東病院予防医学センター)03-3448-6436、ファックス 03-3448-6416
  • http://www.t-i-forum.co.jp/general/index.php
  • 会長:浦部 晶夫 先生(NTT関東病院 予防医学センター所長)
  • プログラム:シンポジウム、一般演題(公募)、イブニングセミナー
  • 参加費:一般 5,000円 学生・大学院生 2,000円 ※情報交換会費含む
  • 情報交換会(東京會舘 東京都千代田区丸の内3-2-1 TEL:03-3215-2111)
  • 出欠表の提出のお願い:当日の準備の都合上、出欠表のご提出をお願い致します
     出欠表ページ