日本鉄バイオサイエンス学会

38回学術集会


トップページ >> 38回学術集会

プログラム 2日目 [2014年 09月 07日(日)] 38th

学術集会会場(仙台国際センター 2階「橘」)

一般演題 5

09:00?09:30

座長:藤田 尚己(三重大学大学院医学系研究科 消化器内科学)
15.肝硬変における血清フェリチンと体組成 - 性差および生命予後との関連を含めて -
■ 三重大学医学部附属病院 栄養管理部 栄養指導管理室
原 なぎさ(演者)、鈴木 優里、寺坂 枝里子、服部 文菜、石留 真寿美、岩田 加壽子
■ 三重大学大学院 臨床医学講座 消化器内科学
岩佐 元雄、宮地 洋英、杉本 龍亮 、諸岡 留美、藤田 尚己、竹井 謙之
16.鉄による骨格筋萎縮メカニズムの検討
■ 徳島大学大学院 ヘルスバイオサイエンス研究部 薬理学分野
池田 康将(演者)、堀ノ内 裕也、石澤 有紀、木平 孝高、玉置 俊晃
■ 徳島大学大学院 ヘルスバイオサイエンス研究部 医薬品機能生化学
今尾 瑞季、佐藤 明穂、宮本 理人、石澤 啓介、土屋 浩一郎
17.血清エキソソーム中のHepcidin mRNA variantの検出と肝癌バイオマーカーとしての有用性
■ 旭川医科大学 内科学講座 消化器・血液腫瘍制御内科学分野
土岐 康通(演者)、生田 克哉、高後 裕、藤谷 幹浩
■ 旭川医科大学 消化管再生修復医学講座
佐々木 勝則、田中 宏樹
■ 旭川医科大学 臨床消化器・肝臓学診療連携講座
大竹 孝明
■ 旭川医科大学病院 腫瘍センター
鳥本 悦宏

一般演題 6

09:30?09:50

座長:西澤 直子(石川県立大学 生物資源工学研究所)
18.イネ鉄欠乏応答におけるタンパク質発現制御の重要性とOsHRZの関与
■ 科学技術振興機構 さきがけ
小林 高範(演者)
■ 石川県立大学 生物資源工学研究所
瀬野浦 武志、西澤 直子
19.Vibrio vulnicus M2799株の鉄獲得機構の解明
■ 大阪薬科大学 微生物学研究室
宮本 勝城(演者)、河野 広朗、宮野 菜央、土屋 孝弘、辻坊 裕
■ 松山大学薬学部 衛生化学研究室
田邊 知孝、舟橋 達也

シンポジウム 2

10:00?12:00

■■ 共催:中外製薬株式会社 ■■

座長:高後 裕(旭川医科大学 内科学講座 消化器・血液腫瘍制御内科学分野)、岸 文雄(川崎医科大学 分子生物学)
ALA-PDT研究から学んだミトコンドリアの鉄利用
■ 京都工芸繊維大学 応用生物学部門
竹谷 茂(演者)
ミトコンドリアタンパク質のヘム依存性分解制御機構
■ 岩手医科大学 統合基礎生化学講座 分子医化学分野
古山 和道(演者)
高度に組織化された鉄イオンの機能により駆動されるチトクロム酸化酵素反応機構
■ 兵庫県立大学大学院生命理学研究科 ピコバイオロジー研究所
吉川 信也(演者)
細胞の鉄感知におけるミトコンドリアの関与
■ 京都大学大学院医学研究科 細胞機能制御学
岩井 一宏(演者)、佐々木 義輝、武田 有紀子

コーポレートセミナー

12:05?13:05

■■ 共催:ノバルティス ファーマ株式会社 ■■

座長:加藤 淳二(札幌医科大学医学部 腫瘍・血液内科学講座)
鉄代謝関連測定マーカーと遺伝子解析の最新話題
■ 旭川医科大学 内科学講座 消化器・血液腫瘍制御内科学分野
生田 克哉(演者)

特別講演

13:15?14:15

座長:張替 秀郎(東北大学大学院医学系研究科 血液・免疫病学分野)
ヘム-Bach1経路による遺伝子発現調節と鉄欠乏への適応
■ 東北大学大学院医学系研究科 生物化学分野
五十嵐 和彦(演者)

一般演題 7

14:25?14:55

座長:川端 晃幸(岡山理科大学大学院 応用物理学専攻)
20.鉄の同時投与によるALA依存的PpIX蓄積抑制のメカニズムの解析
■ SBIファーマ株式会社
中川 仁(演者)、市川 智樹、太田 麗、石塚 昌宏、中島 元夫、田中 徹
■ 東北大学大学院 医学系研究科 血液・免疫病学分野
藤原 亨、張替 秀郎
■ 東京工業大学大学院 生命理工学研究科
小倉 俊一郎
21.核共鳴振動分光法による鉄含有酵素の研究 - 鉄原子の振動のみを抽出する測定法 -
■ (公財)高輝度光科学研究センター
依田 芳卓(演者)
22.化学平衡モデルを用いた非トランスフェリン結合鉄の特性
■ 岡山理科大学大学院 応用物理学専攻
川端 晃幸(演者)
■ 岡山理科大学理学部応用物理学科
庄司 哲也、有田 大祐、福海 直幸
■ 加計学園医用化学教育センター
浅原 佳江

一般演題 8

14:55?15:35

座長:中牧 剛(昭和大学医学部 内科学講座血液内科学部門)
23.アミノレブリン酸を用いた光線力学療法における鉄の添加効果
■ 東京工業大学大学院生命理工学研究科 生体分子機能工学専攻
林 麻衣子(演者)、大倉 一郎、小倉 俊一郎
■ 高知大学医学部 泌尿器科学教室
福原 秀雄、井上 啓史、執印 太郎
■ SBI ファーマ株式会社
田中 徹
24.Hフェリチンは赤芽球系細胞に特異的に取り込まれて赤血球造血を抑制する
■ 京都大学大学院医学研究科 血液・腫瘍内科学
坂本 宗一郎(演者)、川端 浩、内山 達樹、門脇 則光、高折 晃史
■ 京都大学農学研究科 農学専攻品質科学
増田 太郎
■ 大津赤十字病院 血液・免疫内科
水本 智咲
■ 京都大学医学部附属病院 検査部
大森 勝之
25.正常人男性の貯蔵鉄交替率
■ 河村病院 内科
齋藤 宏(演者)
26.鉄芽球性貧血に対するALAの有用性の基礎的検討
■ 東北大学大学院医学系研究科 血液・免疫病学分野
藤原 亨(演者)、新國 僚祐、張替 秀郎
■ 東北大学大学院医学系研究科 血液分子治療学寄附講座
藤原 亨、張替 秀郎
■ SBIファーマ株式会社
田中 徹

若手優秀アワード授賞式

15:35?15:50

閉会の挨拶

15:50?16:00


プログラム 1日目 [2014年 09月 06日(土)] 38th

学術集会会場 仙台国際センター 2階「橘」

開会の挨拶

10:30?10:40

一般演題 1

10:40?11:20

鈴木 隆浩(自治医科大学医学部 内科学講座 血液学部門)
1.ヘム前駆体である5-アミノレブリン酸は多核白血球におけるFrataxin発現を低下させる
■ 兵庫医科大学腎透析内科
山本 清子(演者)、蓮池 由紀子、川田 早百合、永井 孝憲、柿田 直人、水崎 浩輔、八尋 真名、名波 正義、長澤 康行、倉賀野 隆裕、中西 健
2.TET2遺伝子の鉄芽球性貧血発症への関与
■ 東北大学大学院医学系研究科 血液・免疫病学分野
猪倉 恭子(演者)、藤原 亨、張替 秀郎
■ 宮崎大学医学部 内科学講座 消化器血液学分野
下田 和哉
3.細胞内鉄の動態とミトコンドリア機能維持メカニズムの関係性
■ 山形大学医学部 メディカルサイエンス推進研究所 生化学解析センター 田中敦研究室
田中 敦(演者)、押切 由美、玉井 夢果
■ 東京大学大学院医学系研究科 分子細胞生物学専攻 生化学・分子生物学講座 分子生物学分野
水島 昇
4.細胞内における鉄(II)イオンを可視化する蛍光プローブ分子の開発
■ 岐阜薬科大学 薬化学研究室
平山 祐(演者)、丹羽 正人、門田 聡基、奥田 健介、永澤 秀子

一般演題 2

11:20?12:00

座長:小船 雅義(札幌医科大学医学部 腫瘍・血液内科学講座)
5.非平衡大気圧プラズマは酸化ストレスを生じる
■ 名古屋大学大学院医学系研究科 生体反応病理学
岡崎 泰昌(演者)、王 越、豊國 伸哉
■ 名古屋大学 プラズマナノ工学研究センター
田中 宏昌、堀 勝
■ 名古屋大学 先端医療臨床研究支援センター
水野 正明、田中 宏昌
■ 名古屋大学大学院医学系研究科 産婦人科
中村 香江、梶山 広明、吉川 史隆
■ NUエコ エンジニアリング株式会社
加納 浩之
■ 名古屋大学大学院生命農学研究科 食品機能化学
内田 浩二
6.PCBP2は細胞の鉄取込みと排出にかかわるgateway keeper
■ 川崎医科大学 分子生物学2
簗取 いずみ(演者)、安井 ゆみこ、野口 裕美子、岸 文雄
7.不安定鉄プールの増加は単球のNLRP3インフラマソームを活性化する
■ 東北大学大学院医学系研究科 血液・免疫病学分野
中村 恭平(演者)、藤原 亨、石井 智徳、張替 秀郎
■ 東北大学加齢医学研究所 生体防御学分野
山本 尚輝、小笠原 康悦
8.胎児異常の予測マーカーとしての羊水中の自由2価鉄
■ 名古屋大学大学院医学系研究科 生体反応病理学
服部 友香(演者)、向出 貴裕、蒋 麗、豊國 伸哉
■ 名古屋大学大学院医学系研究科 産婦人科学
小谷 友美、吉川 史隆
■ 岐阜薬科大学 薬化学研究室
平山 祐、永澤 秀子

コーポレートセミナー 1

12:05?13:05

■■ 共催:協和発酵キリン株式会社 ■■

座長:澤田 賢一(秋田大学 血液・腎臓・膠原病内科学)
MDSの病態と治療
■ 埼玉医科大学総合医療センター 血液内科
木崎 昌弘(演者)

一般演題 3

13:15?13:45

座長:木村 文昭(玉野市立玉野市民病院)
9.Aceruloplasminemiaの肝組織像
■ 愛知学院 薬学部薬物治療
林 久男(演者)、巽 康彰、加藤 宏一
■ 福島労災病院 消化器科
田井 真弓
■ 岡崎市民病院 内分泌内科
渡邉 峰守
■ 岡崎市民病院 病理診断科
小沢 広明
■ 名古屋大学医学部保健学科
涌澤 伸哉
■ 浜松医科大学第一内科
宮嶋 裕明
■ 信州大学医学部第三内科
吉田 邦広、池田 修一
10.固形癌に対する除鉄誘導による血管新生阻害薬併用療法の確立
■ 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 病理学(免疫病理)
大原 利章(演者)、松川 昭博
■ 玉野市立玉野市民病院
木村 文昭
■ 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 消化器外科学
浦野 真一、二宮 卓之、勝部 亮一、野間 和広、藤原 俊義
■ 重井医学研究所 分子細胞生物部門
友野 靖子
11.マウス骨髄細胞における鉄過剰による糖代謝異常とDNAメチル化の亢進
■ 旭川医科大学 内科学講座 消化器・血液腫瘍制御内科学分野
山本 昌代(演者)、土岐 康通、畑山 真弓、伊藤 巧、進藤 基博、高後 裕、生田 克哉、大竹 孝明、藤谷 幹浩
■ 旭川医科大学 消化管再生修復医学講座
田中 宏樹、佐々木 勝則
■ 旭川医科大学病院 腫瘍センター
鳥本 悦宏

一般演題 4

13:45?14:15

座長:友杉 直久(金沢医科大学総合医学研究所 加齢制御研究分野)
12.亜鉛投与中にみられた銅欠乏に伴うヘプシジン低下による鉄過剰をみとめた一例
■ 兵庫医科大学病院 内科 腎・透析科
大植 麻衣(演者)、蓮池 由起子、木村 知子、辻尾 成人、守上 祐樹、深尾 亘、依藤 壮史、海邊 正治、木田 有利、倉賀野 隆裕、中西 健
13.透析患者では鉄毒性によって造血作用が阻害されている
■ 新潟県労働衛生医学協会
加藤 公則(演者)
■ 前田記念会 武蔵小杉クリニック
小川 千恵
■ 前田記念会 新横浜クリニック
神田 文義
■ 順天堂大学練馬病院 腎臓内科
前田 国見、土谷 健
■ バイオマーカー研究会
前田 貞亮、土谷 健
14.透析患者の貧血治療における5分類鉄管理基準の10年予後を検証する
■ 順天堂大学医学部附属練馬病院 腎・高血圧内科
前田 国見(演者)
■ 前田記念会 武蔵小杉クリニック
小川 千恵
■ 前田記念会 新横浜クリニック
神田 文義
■ 東京女子医科大学 腎センター
土谷 健
■ バイオマーカー研究会
前田 貞亮、土谷 健

学士院賞受賞記念講演

14:15?15:15

座長:豊國 伸哉(名古屋大学大学院医学系研究科 生体反応病理学)
イネ科植物の鉄栄養に関わる分子機構の解明と育種への応用
■ 石川県立大学 生物資源工学研究所
西澤 直子(演者)
■ 東京大学
森 敏

コーヒーブレイク

15:15?15:30

シンポジウム1「鉄と腫瘍」

15:30?17:30

■■ 共催:エーザイ株式会社 ■■

座長:澤田 賢一(秋田大学 血液・腎臓・膠原病内科学)、川端 浩(京都大学大学院医学研究科 血液・腫瘍内科学)
過剰鉄による発がん機構の解明からその予防へ
■ 名古屋大学大学院医学系研究科 生体反応病理学
豊國 伸哉(演者)、蒋 麗、岡崎 泰昌、赤塚 慎也
ユビキチンリガーゼFBXL5による鉄代謝制御とその破綻
■ 九州大学生体防御医学研究所 分子医科学分野
中山 敬一(演者)
C型慢性肝炎からの肝発癌における酸化的DNA傷害修復能の関与について
■ 札幌医科大学医学部 腫瘍・血液内科学講座
宮西 浩嗣(演者)、小船 雅義、加藤 淳二
C型肝発癌におけるミトコンドリア傷害と鉄代謝異常
■ 川崎医科大学 肝胆膵内科学
日野 啓輔(演者)、原 裕一、仁科 惣治

一般総会

17:35?18:05

情報交換会

18:30?20:30

情報交換会会場(仙台国際センター 2階 桜2)


日程表 画像版

日程表を画像データにしております。

画像クリックで拡大表示します。

38th日程表サムネイル

参加者へのお知らせとお願い 38th

会場および受付開始時刻

9月6日(土)8:30〜
9月7日(日)8:30〜

参加受付

受付:仙台国際センター 2階 「橘」前
参加費:学会員 5,000円、非会員 5,000円、初期臨床研修医・学生・大学院生 2,000円
※ 参加費に情報交換会費を含みます。
※ 受付で参加費をお支払いのうえ、ネームカードを受け取り、所属、氏名をご記入ください。 期間中会場に入場する際は必ずネームカードをご着用ください。
※ 学生の方は受付にて、学生証をご提示ください。
※ 初期臨床研修医の参加者向け証明書
※ 初期臨床研修医の参加者は、上記の証明書をホームページよりダウンロードのうえ、 「責任者署名欄」に、証明者(所属部課長)の記載・捺印を得たものを受付にて提出ください。 ご提出がない場合、一般参加者の参加費となりますのでご注意ください。

クロークのご案内

仙台国際センター1階にてクロークを設けておりますのでご利用ください。
9月6日(土)8:30〜21:00
9月7日(日)8:30〜17:00

抄録集

本抄録集は、学会当日必ず、ご持参ください。ご希望の方には、受付にて販売しますが、数に限りがございますので、 ご了承願います。(一部 2,000 円

代議員総会

日時:9月6日(土)9:00〜10:30
場所:仙台国際センター 2階 小会議室4

一般総会

日時:9月6日(土)17:35〜18:05
場所:仙台国際センター 2階 「橘」

情報交換会(総会終了後)

日時:9月6日(土)18:30〜20:30
場所:仙台国際センター 2階 「桜2」

演者、座長の皆様へ

1.発表時間
?講演時間について
一般口演 7 分、討論 3 分、計 10 分です。
シンポジウム、ランチョンセミナーの講演時間、討論形式などは座長に一任しておりますので、座長の指示に従ってください。
2.発表形式
発表は全て PowerPoint により作成されたデータで、PC(パソコン)で行っていただきます。
【1】データ受付
(1)座長の方は、担当セッション開始 15 分前までに座長受付にお立ち寄りください。
(2)発表者の方は、PowerPoint にて作成された発表データを入れた各種メディア(CD-R またはUSB メモリー に保存したもの)を発表の 30 分前までに「PC 受付」にお持ちください。
(3)使用可能なプレゼンテーションソフトは、Windows PowerPoint2007・2010・2013 とさせていただきます。
(4)Macintosh で発表する方は必ずご自身の PC および専用の外部出力ケーブルをお持ちください。
(5)PowerPoint の発表者ツールをお使いの場合はご自身の PC をお持ちください。
(6)PC 受付 発表データ受付時間
    9月6日(土)8:30〜17:00
    9月7日(日)8:30〜15:00
(7)持込みPCの外部出力解像度は、1024×768ピクセルのXGAを推奨しております。
【2】動画の使用
?動画を使用する場合は PowerPoint から作動させるもののみとさせていただきます。
?動画使用の方は、会場で準備した機器にて同じように作動しない場合にそなえ、ご自身のノートパソコンをお 持ちいただきますようお願いいたします。各自 AC コードをご用意いただき、スリープ機能は解除しておいてく ださい。プロジェクターのモニター端子は D-sub Mini15 ピンですので、Macintosh をご使用の方は専用の外部出力ケーブルをご持参ください。(Macintosh 以外でも専用の外部出力ケーブルが必要な場合は必ずご自身 で持参してください)。
【3】発表データの作成
?文字フォントは特殊なものではなく、標準搭載(MSゴシック,MS明朝,MS Pゴシック,MSP明朝,Century,Century Gothic 等)のものをご使用ください。
?プレゼンテーションデータに他のデータ(静止画、動画、グラフなど)をリンクさせている場合は必ず元のデー タも一緒に保存してお持ちください。
?保存データはご自身の PC 以外でも文字化け等なく、データを読み込めるか事前に確認をお願いします。
【4】発表データのファイル名
発表データのファイル名は「演題番号 _ 演者名 .ppt」としてください (.ppt は拡張子名です )。
例)一般演題1_ 発表太郎 .ppt
【5】カーソル、ポインタ操作
発表の際には演者ご自身で演台に設置されているマウスを操作してください
3.質疑応答について
?討論時間は可能な限り長く確保いたしました。活発なご討議を歓迎いたします。
?あらかじめマイクの前に待機し、座長に指示に従い所属・氏名を述べたのち、簡潔明瞭にお願いいたします。
4.利益相反の開示について
日本鉄バイオサイエンス学会の演題発表時のCOI開示基準(下記よりダウンロードいただけます)をご確認ください。演題発表時には利益相反開示スライドを下記よりダウンロードの上、発表スライドの2枚目にて利益相反の開示をお願いいたします。
日本鉄バイオサイエンス学会 演題発表時のCOI開示基準】
日本鉄バイオサイエンス学会 利益相反開示スライド
5.おことわり
座長・演者の先生方のご所属の記載に新旧名称が混在する場合がございますが、原則としてご応募いただきました抄録の記録に従って掲載いたしました。

年会費および新入会の受付

年会費および新入会の受付は「日本鉄バイオサイエンス学会」事務局窓口にて手続きをしてください。 年会費は 5,000 円です。

初期臨床研修医の参加者向け証明書

初期臨床研修医の参加者様は、初期臨床研修医の参加者向け証明書をダウンロードし、「責任者署名欄」に、証明者(所属部科長)の記載・捺印を得たものを受付にて提出ください。 ご提出がない場合、一般参加者の参加費となりますのでご注意ください。

初期臨床研修医の参加者向け証明書:ダウンロード


出欠表

参加者の皆様へ

演題応募の有無にかかわらず、出欠を運営事務局までお知らせください。 下ボタンより「学術集会出欠表・総会出欠表・委任状」をダウンロードしていただき、必要事項をご記入のうえ FAX、郵送もしくはE-mailでお送りください

出欠表PDFダウンロード

提出締切日:8月29日(金)
送付先:
第38回日本鉄バイオサイエンス学会学術集会 運営事務会社
株式会社コンベンションリンケージ(担当 ?梨)
〒980-6020 仙台市青葉区中央4-6-1 住友生命仙台中央ビル20階
TEL:022-722-1657  FAX:022-722-1658
E-mail:jbis38@c-linkage.co.jp
※準備の都合上、8月29日(金)までにご連絡ください。

第38回日本鉄バイオサイエンス学会学術集会開催にあたり:大会長挨拶

 平成26年9月6,7日に仙台で第38回日本鉄バイオサイエンス学会を開催させていただくことになりました。

 鉄は生命現象に必須な元素であり、鉄に関する研究は細胞機能維持の根源に迫る極めて重要な研究であります。日本鉄バイオサイエンス学会は、化学、植物、動物、ヒトと種を越えて鉄に関わる研究に携わっている研究者が集う学会であり、学術的に高いレベルのディスカッションが熱く交わされる学会であります。

 臨床においても、癌化や酸化ストレスなど鉄が疾患に密接に関係していることが明らかになりつつあること、急速に鉄代謝の分子基盤が明らかになりつつあること、鉄過剰症に対する治療薬が開発されたことにより、鉄研究は非常に注目されている領域といえます。

 このような状況を鑑みて、今回の学会では、「鉄と腫瘍」という臨床的なテーマのシンポジウムと「ミトコンドリアと鉄」という基礎的なテーマのシンポジウムを企画いたしました。この他、専門家による特別講演、ランチョンセミナーを開催するとともに最先端の鉄研究の演題を幅広く募る予定です。これらの充実したプログラムを通じて鉄研究を発展させ、生命現象のより深い理解につなげたいと考えています。

 本学会を仙台で開催するのは今回が初めてとなります。初秋の仙台は海の幸、山の幸を存分に楽しむことができます。東北をさらに盛り上げていただくべく、できるだけ多くの会員の皆様にご参加いただくことを心よりお待ちしております。

  第38回日本鉄バイオサイエンス学会学術集会

  会長 張替 秀郎

  (東北大学大学院医学系研究科血液・免疫病学分野)


演題募集内容及び投稿方法について

以下の要項にて、本会での講演要旨を募集いたします。多数のご応募いただきますよう、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。


【演題募集セッション】

 特別講演
 シンポジウム
 コーポレートセミナー
 一般演題
※第38回学術集会では若手優秀アワードを設けております。
  応募資格:41歳未満の方(2014年10月1日時点)
 演題登録画面にてご応募ください。

【演題募集要項】

投稿方法
下記の演題登録画面からご登録ください。
演題確認・修正方法
演題申込締め切りまでは何度でも、下記演題修正用画面から登録した演題を確認・修正する事が可能です。

【演題募集期間】

5月13日(火)-6月30日(月)

【演題要旨の書き方】

本文は、最大1400文字まで入力いただけます。登録いただいた抄録の書式は抄録集校正時に事務局にて適宜変更させていただくこともございます。あらかじめご了承ください。
【下記の演題登録、修正につきましては、6/30正午にて受付終了いたしました】

【演題登録画面 / 演題確認・修正画面】

演題登録画面

演題確認・修正画面

※演題登録・修正はWindows・Macどちらからも可能です。なお、演題の確認・修正には登録時のIDとE-mailアドレスが必要です。

【演題登録に関する問い合わせ先】

第38回日本鉄バイオサイエンス学会学術集会 運営事務局
〒980-6020 仙台市青葉区中央4-6-1 住友生命仙台中央ビル20階
株式会社コンベンションリンケージ LINKAGE東北内
TEL:022-722-1657 FAX:022-722-1658
E-mail:jbis38@c-linkage.co.jp

第38回学術集会 詳細

会名:第38回日本鉄バイオサイエンス学会学術集会
会長:張替 秀郎(東北大学大学院医学系研究科 血液・免疫病学分野教授)
会期:2014年9月06日(土)・07日(日)
会場:仙台国際センター 橘
〒980-0856 宮城県仙台市青葉区青葉山無番地
TEL: 022-265-2211 FAX: 022-265-2485
仙台国際センターHP
仙台駅西口バスプール9番乗り場から乗車、「博物館・国際センター前」下車、徒歩1分。

■第38回学術集会事務局
東北大学大学院医学系研究科 血液・免疫病学分野
担当:藤原 亨
〒980-8575 仙台市青葉区星陵町2-1
TEL: 022-717-7165 FAX: 022-717-7497