日本鉄バイオサイエンス学会

研究レポート


トップページ >> 研究レポート

C型慢性肝炎に対する瀉血マニュアル公開 PDFファイル

日本鉄バイオサイエンス学会の瀉血マニュアル作成ワーキンググループ監修にて作成したC型慢性肝炎に対する瀉血マニュアル【Phlebotomy Manual for Chronic Hepatitis C 2012】)という書籍があります。

こちらにつきまして、出版元の響文社様より、データの公開許可を戴きましたので、今回当サイト上で公開いたします。

2006年に保険適用となった古くからある治療法ですが、残念なことに日本国内においてはまだ広く普及しておりません。データ自体は概ね医療従事者向けとなっておりますが、一般の方においても、こういった療法が存在することを知っていただければ幸いです。

内容抜粋(目次)

Chapter 01 鉄代謝の生理
 生田克哉 著
 主な鉄代謝関連分子の働き
Chapter 02 C型慢性肝炎と鉄代謝
 宮西浩嗣 加藤淳二 著
 1 C型慢性肝炎患者における肝内鉄過剰
 2 十二指腸での鉄吸収機構とC型慢性肝炎患者における異常
 3 C型慢性肝炎患者におけるヘプシジン発現異常
 4 肝内遊離鉄による肝障害
Chapter 03 瀉血療法総論
 矢野元義 林久男 著
 1 はじめに
 2 C型慢性肝炎に対する瀉血療法の歴史
 3 瀉血療法の実際
 4 瀉血療法の長期効果
 5 瀉血療法と他の治療法との併用
Chapter 04 瀉血の実際
 木村文昭 藤井伸治 谷本光音 著
 1 はじめに
 2 HK-フレボパッグ(R) (ニプロ瀉血パッグ)の構造
 3 瀉血における注意事項
 4 HK-フレボパッグ(R) (ニプロ瀉血パッグ)使用前の確認
 5 指示内容の確認
 6 物品の準備
 7 患者準備
 8 瀉血前準備
 9 瀉血実施
 10 瀉血バッグの廃棄
Chapter 05 鉄制限食
 藤田尚己 岩田加壽子 著
 1 はじめに
 2 鉄制限食指導の実際
 3 肝硬変患者に対する鉄制限食
 4 健康食品について
 5 まとめ

錠剤の適正使用による貧血治療指針 改定【第2版】

当学会監修で作成した貧血の治療指針に関する、錠剤の適正使用による貧血治療指針 改定【第2版】という書籍があります。

こちらにつきまして、出版元の響文社様より、データの公開許可を戴きましたので、今回当サイト上で公開いたします。

内容抜粋

鉄欠乏性貧血に関する診断・治療の指針を、鉄代謝のこれまでの歴史的かつ一般的な診断・治療法についての客観的な記載を重視して、日常診療でより使い易いようにまとめる。栄養指導に役立つレシピー等も掲載。〔初版のタイトル:鉄欠乏・鉄欠乏性貧血の予防と治療のための指針〕

1 鉄欠乏・鉄欠乏性貧血とその治療指針(生体内鉄代謝の機構)
 鉄欠乏・鉄欠乏性貧血の予防指針
 鉄欠乏性貧血の治療指針
 鉄欠乏性貧血と鑑別すべき二次性ヒンケツ(症候性貧血)
 栄養学からみた鉄、鉄摂取の食品メニュー
2 鉄剤適正使用のための指針(鉄の生理作用と過剰鉄による臓器障害)
 鉄剤の臨床効果と使用上の注意
 各領域別鉄剤使用法:(どのような疾患、病態に、どのように使用するか)
3 補遺(エリスロポエチン使用による至適ヘモグロビン濃度と鉄剤使用)
 エリスロポエチンを使用した自己血輸血
 輪血後鉄過剰症と鉄キレート療法
 鉄代謝のバイオマーカー
4 付録

消化管上皮細胞の機能分子とその解析法 第5回(軍神宏美:Dr. Hiromi Gunshin)

東京大学農芸化学ご出身で、マサチューセッツ大学 准教授の軍神宏美 先生(ぐんしんひろみ Dr. Hiromi Gunshin)が、当年5月、突然ご逝去なされました。

国内外で広くご活躍し、DMT1の発見といった分野最先端のご研究ならびにご貢献をされ、当学会にも多数のご尽力を頂いておりました。享年48歳、あまりにも早い訃報は誠に残念です。

今回、軍神先生のご研究を少しでも多くの方に知って頂たいと思い、生前に先生が執筆された原稿の一部(PDFファイル)を公開させて頂きます。

医学専門出版の先端医学社さまから出版された「分子消化器病2008年3月号(Vol.5 no.1)」の原稿で、日本語ではおそらく最後の執筆であると思われます。
分子消化器病2008年3月号

謹んで先生のご冥福をお祈りいたします。