日本鉄バイオサイエンス学会

PickUp!


トップページ >> PickUp!

第41回日本鉄バイオサイエンス学会学術集会開催にあたり:大会長挨拶

この度、第41回日本鉄バイオサイエンス学会学術集会を平成29年(2017年)9月23日(土)、24日(日)の2日間にわたり、東京女子医科大学弥生記念講堂におきまして開催させて頂くこととなり大変光栄に存じております。

鉄は全ての生命体にとって必須な元素であり、細胞の機能の維持に欠かすことのできない元素であります。一方で鉄の過剰状態では酸化ストレスの増加によって様々な細胞の機能障害さらには臓器障害を引き起します。近年、鉄代謝に係わる重要な因子としてヘプシジンなどが同定され、また新しい細胞死であるフェロプトーシスが提唱されるにおよび、鉄バイオサイエンスの研究は益々盛んになり基礎的、臨床的に多様な研究が行われております

本学術集会には、毎年多数の臨床医、基礎研究者、学生、医療関係者のご参加をいただいており、鉄に関する基礎と臨床の最先端の研究が報告され学術的な議論が交わされます。このように本学術集会は学会員のみならず多くの臨床医、研究者にとって重要な情報を得ることのできる貴重な場であり、基礎と臨床の垣根を越えて鉄バイオサイエンス研究の発展にとって欠かすことのできないものであると考えております。

東京女子医科大学は都心の新宿にあり全国各地からのアクセスも大変良く、また新宿御苑、皇居北の丸公園、歌舞伎町、神楽坂などにも隣接しております。

是非とも多くの皆様に参加して頂くことを心よりお待ち申し上げます。

またヤングアワードには若手研究者から多くの演題をご応募頂けるようお願い申し上げます。

  第41回日本鉄バイオサイエンス学会学術集会

  会長 田中 淳司

  (東京女子医科大学 血液内科学講座 主任教授)


第41回学術集会 詳細

会名:第41回日本鉄バイオサイエンス学会学術集会
第41回学術集会 ホームページ
会長:田中 淳司(東京女子医科大学 血液内科学講座)
会期:2017年(平成29年)09月23日(土)・24日(日)
会場: 東京女子医科大学弥生記念講堂
〒162-8666 東京都 新宿区 河田町 8-1

■第41回学術集会事務局
東京女子医科大学 血液内科学講座
〒162-8666 東京都新宿区河田町8-1
mail:jbis41@procomu.jp

■学会運営サポート会社
株式会社プロコムインターナショナル
〒135-0063 東京都江東区有明3-6-11 TFTビル東館9階
Tel:03-5520-8821 Fax:03-5520-8820
URL jbis41@procomu.jp

2017年 新年の御挨拶

2017年 申年

年頭のご挨拶

日本鉄バイオサイエンス学会 理事長 豊國 伸哉(名古屋大学医学系研究科 教授)


 新年を迎え、会員のみなさまにおかれましては、ますます御健勝のこととお慶び申し上げます。今年のお正月休みは6日間と例年より短かったですが、日本各地で好天に恵まれました。2017年、本学会をさらに発展させ、学際性を高め社会に貢献できる存在にしていくよう努力する所存ですので、会員のみなさまの御協力、御支援を賜りたく、心よりお願い申し上げます。

 地球上のすべての生命体は鉄なしに生きることはできないため、鉄代謝は生物学・農学・薬学・医学などのほぼ全バイオ領域に関連してきます。バイオ鉄研究の内容はさまざまな本学会より大きな学会でも論じられておりますし、特定の酵素、化学反応や治療法に関する、小さな学会や研究会でも論じられています。

 私からのお願いは、バイオ鉄に関する研究を他の学会でも多数発表していただき、バイオ鉄研究の重要性を広めていただきたいということです。また、他の学会からの新しい内容を鉄バイオサイエンス学会にも是非持ち帰って発表していただきたいと思います。そして、この学会をバイオ鉄研究のメッカならびに坩堝(るつぼ)にしていただきたいと願っております。

 鉄代謝研究会としてスタートした本学会も新旧交代の時期にきているように思いますが、昨年度は日野啓輔理事がバイオ鉄とウイルス性肝疾患に関してAMEDの研究費を獲得され、少しずつですが認知度は上がってきているように感じます。また、ここ数年でコンセプトが確立されてきた新たな細胞死であるフェロト-シス(ferroptosis)が今年あたりブレイクしそうな予感もあります。種々の神経変性疾患や子宮内膜症など過剰鉄との関連が明らかでありながら本学会の存在さえ知らない研究者もまだまだ沢山おられると思います。バイオ鉄に興味を持つ若手をひとりでも多く本学会にお誘いいただきますよう、会員のみなさまの御協力をよろしくお願いいたします。

 今年の日本鉄バイオサイエンス学会は東京女子医科大学血液内科の田中淳司教授のお世話で9月23日〜24日に東京で開催されます。会員の先生がたの多数の御参加をお待ちしております。また、5月7日〜11日にはUCLAで2年に1回のIBISも開催され、なんと3月31日までlate-breaking abstractは受け付けるようです。  

 末筆になりましたが、本年も会員各位におかれましては、健康と安全に十分に留意され、ますます御活躍になることを祈念しております。

2016年1月5日


第3回 日本鉄バイオサイエンス学会学術奨励賞の受賞者発表

第38回学術総会からの若手研究者を鼓舞するための新たな試みとして、40才以下を対象として日本鉄バイオサイエンス学会学術奨励賞を設定しました。今年は6件の応募があり、口頭発表を5名の理事と2名の代議員の計7名が評価しました。その結果、受賞者は以下の2名に決定しました。

吉原 大作(兵庫医科大学)
フェロトーシス誘導時における鉄イオン動態の解析
伊藤 文哉(名古屋大学)
発がん性腹膜炎は局所的な触媒性Fe(II)の過剰を来す

※画像クリックで拡大します

日本鉄バイオサイエンス学会学術奨励賞 受賞者

左から、豊國伸哉(理事長、 名古屋大)、吉原大作(兵庫医科大学)、伊藤文哉(名古屋大学)、涌澤伸哉(会長、名古屋大)

今後、毎年行う予定ですので、若手研究者は奮って御応募ください。

平成28年9月11日


C型慢性肝炎に対する瀉血マニュアル公開 PDFファイル

日本鉄バイオサイエンス学会の瀉血マニュアル作成ワーキンググループ監修にて作成したC型慢性肝炎に対する瀉血マニュアル【Phlebotomy Manual for Chronic Hepatitis C 2012】)という書籍があります。

こちらにつきまして、出版元の響文社様より、データの公開許可を戴きましたので、今回当サイト上で公開いたします。

2006年に保険適用となった古くからある治療法ですが、残念なことに日本国内においてはまだ広く普及しておりません。データ自体は概ね医療従事者向けとなっておりますが、一般の方においても、こういった療法が存在することを知っていただければ幸いです。

内容抜粋(目次)

Chapter 01 鉄代謝の生理
 生田克哉 著
 主な鉄代謝関連分子の働き
Chapter 02 C型慢性肝炎と鉄代謝
 宮西浩嗣 加藤淳二 著
 1 C型慢性肝炎患者における肝内鉄過剰
 2 十二指腸での鉄吸収機構とC型慢性肝炎患者における異常
 3 C型慢性肝炎患者におけるヘプシジン発現異常
 4 肝内遊離鉄による肝障害
Chapter 03 瀉血療法総論
 矢野元義 林久男 著
 1 はじめに
 2 C型慢性肝炎に対する瀉血療法の歴史
 3 瀉血療法の実際
 4 瀉血療法の長期効果
 5 瀉血療法と他の治療法との併用
Chapter 04 瀉血の実際
 木村文昭 藤井伸治 谷本光音 著
 1 はじめに
 2 HK-フレボパッグ(R) (ニプロ瀉血パッグ)の構造
 3 瀉血における注意事項
 4 HK-フレボパッグ(R) (ニプロ瀉血パッグ)使用前の確認
 5 指示内容の確認
 6 物品の準備
 7 患者準備
 8 瀉血前準備
 9 瀉血実施
 10 瀉血バッグの廃棄
Chapter 05 鉄制限食
 藤田尚己 岩田加壽子 著
 1 はじめに
 2 鉄制限食指導の実際
 3 肝硬変患者に対する鉄制限食
 4 健康食品について
 5 まとめ

日本鉄バイオサイエンス学会の一般社団法人化の設立登記完了に関しまして

 やっと初夏を思わせる陽気になりましたが、みなさま、お元気でいらっしゃいますでしょうか?

報告が遅れまして申し訳ありませんでしたが、日本鉄バイオサイエンス学会が平成25年4月1日付けで、一般社団法人として正式に登記されたことを報告させて頂きます。

1年間でここまでたどりつくことができましたのも、お忙しい中でのみなさまのご協力のおかげであり、心より感謝申し上げます。

ともないまして、今後は、これまでより社会的に信用度の高い形での学会活動をおこなっていくことになります。

学問的には鉄に関する生物現象はますます注目されるようになっており、新たな関連分子などがわかったり、それらの成果が臨床や一般人の知識に確実にフィードバックされたりしつつあります。

学会として、今後もこのような社会啓蒙活動を十分に行っていきたいと考えております。

現在課題と考えておりますのは、学会にとっての次世代人材の育成と、学会の経営的基盤のさらなる健全化です。

そのためにも、より多くの研究者・臨床家・医療関連の方々に本学会に興味を持って頂き、継続的に来て頂けるようさらに魅力ある学会にしていく必要があります。