日本鉄バイオサイエンス学会

お知らせ


トップページ >> お知らせ

2017年 新年の御挨拶

2017年 申年

年頭のご挨拶

日本鉄バイオサイエンス学会 理事長 豊國 伸哉(名古屋大学医学系研究科 教授)


 新年を迎え、会員のみなさまにおかれましては、ますます御健勝のこととお慶び申し上げます。今年のお正月休みは6日間と例年より短かったですが、日本各地で好天に恵まれました。2017年、本学会をさらに発展させ、学際性を高め社会に貢献できる存在にしていくよう努力する所存ですので、会員のみなさまの御協力、御支援を賜りたく、心よりお願い申し上げます。

 地球上のすべての生命体は鉄なしに生きることはできないため、鉄代謝は生物学・農学・薬学・医学などのほぼ全バイオ領域に関連してきます。バイオ鉄研究の内容はさまざまな本学会より大きな学会でも論じられておりますし、特定の酵素、化学反応や治療法に関する、小さな学会や研究会でも論じられています。

 私からのお願いは、バイオ鉄に関する研究を他の学会でも多数発表していただき、バイオ鉄研究の重要性を広めていただきたいということです。また、他の学会からの新しい内容を鉄バイオサイエンス学会にも是非持ち帰って発表していただきたいと思います。そして、この学会をバイオ鉄研究のメッカならびに坩堝(るつぼ)にしていただきたいと願っております。

 鉄代謝研究会としてスタートした本学会も新旧交代の時期にきているように思いますが、昨年度は日野啓輔理事がバイオ鉄とウイルス性肝疾患に関してAMEDの研究費を獲得され、少しずつですが認知度は上がってきているように感じます。また、ここ数年でコンセプトが確立されてきた新たな細胞死であるフェロト-シス(ferroptosis)が今年あたりブレイクしそうな予感もあります。種々の神経変性疾患や子宮内膜症など過剰鉄との関連が明らかでありながら本学会の存在さえ知らない研究者もまだまだ沢山おられると思います。バイオ鉄に興味を持つ若手をひとりでも多く本学会にお誘いいただきますよう、会員のみなさまの御協力をよろしくお願いいたします。

 今年の日本鉄バイオサイエンス学会は東京女子医科大学血液内科の田中淳司教授のお世話で9月23日〜24日に東京で開催されます。会員の先生がたの多数の御参加をお待ちしております。また、5月7日〜11日にはUCLAで2年に1回のIBISも開催され、なんと3月31日までlate-breaking abstractは受け付けるようです。  

 末筆になりましたが、本年も会員各位におかれましては、健康と安全に十分に留意され、ますます御活躍になることを祈念しております。

2016年1月5日


2016年 新年の御挨拶

2016年 申年

年頭のご挨拶

日本鉄バイオサイエンス学会 理事長 豊國 伸哉(名古屋大学医学系研究科 教授)


 新年を迎え、会員のみなさまにおかれましては、ますます御健勝のこととお慶び申し上げます。今年のお正月は比較的暖かく、日本各地で好天に恵まれました。2016年、本学会をさらに発展させ、学際性を高め社会に貢献できる存在にしていくよう努力する所存ですので、会員のみなさまの御協力、御支援を賜りたく、心よりお願い申し上げます。

 地球上のすべての生命体は鉄なしに生きることはできないため、鉄代謝は生物学・農学・薬学・医学のほぼ全領域に関連してきます。バイオ鉄研究の内容はさまざまな本学会より大きな学会でも論じられておりますし、特定の酵素、化学反応や治療法に関する、小さな学会や研究会でも論じられています。

 私からのお願いは、バイオ鉄に関する研究を他の学会でも多数発表してバイオ鉄研究の重要性の宣伝に努めていただきたいということです。また、他の学会からの新しい内容を鉄バイオサイエンス学会にも是非持ち帰って発表していただきたいと思います。そして、この学会をバイオ鉄研究のメッカならびに坩堝(るつぼ)にしていただきたいと願っております。

 鉄代謝研究会としてスタートした本学会もそろそろ新旧交代の時期にきているように思います。バイオ鉄に興味を持つ若手をひとりでも多く本学会にお誘いいただきますよう、会員のみなさまの御協力をよろしくお願いいたします。一方、昨年末に完成した「鉄剤適正使用による貧血治療指針」改訂第3版は、本学会ならではの大きな業績だと思います。関係のみなさまにこの場をお借りして厚く御礼申し上げます。

 今年の日本鉄バイオサイエンス学会は名古屋大学の涌澤伸哉教授のお世話で9月10日〜11日に名古屋市で開催されます。会員の先生方、多数の御参加をお待ちしております。

 末筆になりましたが、本年も会員各位におかれましては、健康と安全に十分に留意され、ますます御活躍になることを祈念しております。

2016年1月5日


2015年 未年 新年のご挨拶

豊國 伸哉

新年を迎え、会員のみなさまにおかれましては、ますます御健勝のこととお慶び申し上げます。

2015年、本学会をさらに発展させ、学際性を高め社会に貢献できる存在にしていくよう努力する所存ですので、会員のみなさまの御協力、御支援を賜りたく、心よりお願い申し上げます。

私たちは鉄なしで生きることはできないわけであり、鉄代謝は生物学・農学・薬学・医学のほぼ全領域に関連してきます。バイオ鉄研究の内容は生化学会、分子生物学会、癌学会、病理学会、薬学会、農芸化学会、内科学会などの、本学会より大きな学会でも論じられておりますし、特定の酵素、化学反応や治療法に関する、小さな学会や研究会でも論じられています。

私からのお願いは、バイオ鉄に関する研究を他の学会でも多数発表して宣伝に努めていただきたいと思いますし、また、他の学会からの新しい内容を鉄バイオサイエンス学会にも是非持ち帰って発表していただきたいと思います。そして、この学会をバイオ鉄研究のメッカならびに坩堝(るつぼ)にしていただきたいと願っております。

昨年秋から開始しました学術奨励賞には2名の受賞者がありましたが、そのおふたりの若手研究者が取り組んだ触媒性2価鉄プローブやPCBP2は現在まさしく、バイオ鉄研究における大きな話題となっています。本学会がさらに発展していくためには、いろいろな新しい分野の研究者を取り込んでいくことと、若手研究者の研究力ならびに英語力アップがますます重要になっていくと考えます。

今年は、国際バイオ鉄会議(IBIS)が9月に中国浙江省杭州市浙江大学で開催され、日本鉄バイオサイエンス学会の方は川崎医科大学の日野啓輔教授のお世話で8月29日〜30日に岡山市で開催されます。会員の先生がたの多数の御参加をお待ちしております。

末筆になりましたが、本年も会員各位におかれましては、健康と安全に十分に留意され、ますます御活躍になることを祈念しております。

社団法人 日本鉄バイオサイエンス学会 理事長 豊國 伸哉(名古屋大学医学系研究科 教授)


日本鉄バイオサイエンス学会学術奨励賞につきまして

第38回学術総会からの若手研究者を鼓舞するための新たな試みとして、40才以下を対象として日本鉄バイオサイエンス学会学術奨励賞を設定しました。今回は14件の応募があり、口頭発表を6名の理事と1名の監事が評価しました。その結果、受賞者は以下の2名に決定しました。

平山 祐(岐阜薬科大学)
細胞内における鉄(II)イオンを可視化する蛍光プローブ分子の開発
簗取 いずみ(川崎医科大学)
PCBP2は細胞の鉄取り込みと排出にかかわるgateway keeper

※画像クリックで拡大します

日本鉄バイオサイエンス学会学術奨励賞 受賞者

左から、豊國伸哉(理事長、名古屋大)、平山 祐簗取 いずみ、張替秀郎(会長、東北大)

今後、毎年行う予定ですので、若手研究者は奮って御応募ください。


日本学士院賞の受賞報告

本学会会員2名が、平成26年度の日本学士院賞を受賞することになりましたので、以下報告申し上げます。

研究題目 :「イネ科植物の鉄栄養に関わる分子機構の解明と育種への応用」 (共同研究)

森 敏(もり さとし)先生
現職:東京大学名誉教授
西澤直子(にしざわ なおこ)先生
東京大学名誉教授、石川県立大学生物資源工学研究所教授

授賞理由:両氏は共同して、イネ科植物の鉄獲得機構に関わるムギネ酸類の前駆体メチオニンを同定し、それに続く6段階の生合成経路のそれぞれに関わる全ての酵素の遺伝子を単離し、全生合成経路を完全に証明しました。また、ムギネ酸類分泌輸送体TOM1の遺伝子を単離し、「ムギネ酸類・鉄」吸収輸送体OsYSLの遺伝子を同定しました。このようにして、ムギネ酸類の合成・分泌・輸送に関わる全ての分子機構を解明しました。以上の鉄欠乏誘導性遺伝子の上流に特徴的な2つのシス制御配列と、これらに特異的に結合する2つの転写因子を見出し、鉄欠乏のシグナルに応答して次々に遺伝子が発現するカスケード状の鉄欠乏情報伝達機構を解明しました。さらに、世界の石灰質土壌での食糧増産に貢献する「鉄欠乏耐性イネ」と発展途上国の米食民族の健康増進等に貢献する「高鉄含有コメ」を創製しました。これらの分子基礎から農業応用に至る一連の体系的かつ独創的な研究報告等


2014年 新年の御挨拶

日本鉄バイオサイエンス学会 理事長 豊國 伸哉

新年あけましておめでとうございます。

 日本鉄バイオサイエンス学会のみなさまにおかれましては、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます

 2013年4月から本学会は一般社団法人となり、社会に認められる存在となりました。本学会は将来的に、もっと「生体鉄」に関する情報を社会に還元していく媒体になっていく必要があるかと考えています。また、鉄に興味を持ってもらえる若手の研究者や臨床医の育成も喫緊の問題でしょう。

 鉄なしで生きることのできる独立した生命体は、今のところ、地球上には存在しません。実際、バイオ鉄の問題は、ほとんどすべての生命に関係した学会で論じられています。しかしながら、バイオ鉄に関する専門家が一堂に会して、深い議論をすること、基礎から臨床・政策へのトランスレーショナルな方法論を模索し、認識を共有することこそが必要だと考えています。この意味において、会員のみなさまには、お近くの鉄の問題に興味を持つご友人を是非この学会に連れてきていただければと考えております。

 鉄の問題に関してはいろいろな分類法があるとは思いますが、この学会で扱うのは、1)欠乏、2)過剰、3)分布異常(制御異常)、4)他の分子・シグナルによる修飾・制御、5)環境(種間)問題 あたりに分類されるかと思います。純粋な意味での「過剰」はサプリメントの問題になるでしょうか。鉄制御に関わる分子の発見は、この10年間に急速な進展がみられましたが、おそらくさらにいろいろな分子の関与がわかってくるでしょう。ただ、食餌からのヘムの吸収経路など、本当に根幹にかかわることがわかっていないのも事実です。さらに、基礎研究が充実することが望まれます。

 今年は、地震・津波からの復興の著しい東北・仙台の地で、東北大学大学院医学系研究科 張替秀郎教授のもとに学会が開催されます。ひとりでも多いみなさまの、日頃の成果をもっての御参加を心よりお待ちしております。

 また、12月から開始しましたメーリングリストの原稿も常時、募集しております。事務局の方へいつでもお送りください。日本は2020年の東京オリンピックへ向かって上り坂だと思います。2014年が、みなさんにとりまして最良の年となりますよう、心よりお祈りしております。

2014年1月5日


日本鉄バイオサイエンス学会の一般社団法人化の設立登記完了に関しまして

 やっと初夏を思わせる陽気になりましたが、みなさま、お元気でいらっしゃいますでしょうか?

報告が遅れまして申し訳ありませんでしたが、日本鉄バイオサイエンス学会が平成25年4月1日付けで、一般社団法人として正式に登記されたことを報告させて頂きます。

1年間でここまでたどりつくことができましたのも、お忙しい中でのみなさまのご協力のおかげであり、心より感謝申し上げます。

ともないまして、今後は、これまでより社会的に信用度の高い形での学会活動をおこなっていくことになります。

学問的には鉄に関する生物現象はますます注目されるようになっており、新たな関連分子などがわかったり、それらの成果が臨床や一般人の知識に確実にフィードバックされたりしつつあります。

学会として、今後もこのような社会啓蒙活動を十分に行っていきたいと考えております。

現在課題と考えておりますのは、学会にとっての次世代人材の育成と、学会の経営的基盤のさらなる健全化です。

そのためにも、より多くの研究者・臨床家・医療関連の方々に本学会に興味を持って頂き、継続的に来て頂けるようさらに魅力ある学会にしていく必要があります。


東北地方太平洋沖地震におきまして

3月11日(金)に発生した三陸沖を震源とする東北地方太平洋沖地震におきまして、亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げます。とともに、行方不明の方々のご無事を衷心よりお祈り申し上げます。
また地震被害や大津波・津波の被害に遭われた地域の皆様、お怪我をされたり避難を余儀なくされておられる被災地の皆様に心よりお見舞いを申し上げます。
一日も早い復旧復興をお祈り申し上げます。

新世話人の先生紹介

32回の日本鉄バイオサイエンス学会総会で承認された新世話人の方々より世話人の方を紹介します。
  • 日野 啓輔(ひの けいすけ)先生 川崎医科大学 肝胆膵内科

現在の世話人の先生一覧はこちらでご確認頂けます。


代表世話人 挨拶 2009

日本鉄バイオサイエンス学会は、「生命と鉄」に関連する研究の進歩、発展を図ることを目的として設立された学術団体で、鉄代謝研究会を母体とし、より広く人、動物、植物、細菌、無機科学などの学際的な分野での研究者の参加をえて発足しました。国際的にも、2007年の第2回国際バイオ鉄学会総会(BioIron2007 Kyoto)を京都国際会議場で日本学術会議と共催するとともに、翌年には東京でそのフォローアップシンポジウムを行いました。また、国民への鉄と健康に関して公開講座を始めとした啓蒙活動を積極的に進めています。

本学会は、鉄欠乏性貧血鉄過剰症などの臨床的課題から生体鉄に関する基礎的研究に関し、生化学、分子生物学、物理化学、生理学、微生物学などの医学領域、栄養学のみならず薬学、農獣医学など広い分野の医師、研究者が参加し、生命と鉄に関する課題を扱っているのが特徴です。

昨年は、9月13・14日に青森市において北里大学獣医学部渡辺教授のもとで32回学術集会が開催され、2日間にわたり活発な討論が行われました。さらに、学会終了後には市民公開講座も企画され、多くの市民の皆様に日常生活における鉄の重要性と、鉄の欠乏、過剰による様々な疾患に関する診断と治療の進歩が分かりやすく解説されました。青森での学会では、近年の世界的な鉄研究の進歩と、鉄過剰症に対する新規治療法の開発という新たな潮流を受け、これまでの会員ばかりでなく、多くの新しい参加者がみえられました。引き続き、この分野での基礎的および臨床的研究の進展が多くの研究者の参加により、より活性化されるものと信じています。

ところで、鉄欠乏・鉄欠乏性貧血は、本学会が鉄代謝研究会として発足した当時から一貫して追求している最重要課題です。2008年度の事業として、2004年に「鉄欠乏・鉄欠乏性貧血の予防と治療のための指針」として本学会から発行された第一版の改訂が企画され、3月31日に改訂版を完成させることが出来ましたので、皆様のお手元にお届けすることができます。

この事業は、鉄欠乏の診断と治療に従事していた血液学者、血液医が集まり、本学会の前身である鉄代謝研究会を発足させた時から連綿として従事している課題です。

我が国における鉄欠乏鉄欠乏性貧血の頻度は諸外国に比べても多く、社会的にも重要な課題であり、その診断・治療法の標準化と普及は我々の学会が担わなければなりません。2004年に初版を発行したのち、本学会の鉄欠乏性貧血の診断基準は、広く使われるようになり、また現在も書店への購入希望が継続してあるとのことです。

しかし、発刊から5年を経過したため、この間の鉄代謝研究の進歩をわかりやすく理解することと、鉄欠乏・鉄欠乏性貧血に対する予防・治療に関する標準的な知識の普及を目指して、改定第2版を製作することとなりました。編集委員会が立ち上がってから実質半年という比較的短期間でしたが、何とか発刊することとなりました。本書がとかく軽視されがちな鉄欠乏の診断、予防、治療の普及に役立つことを期待しています。

2009年度の第33回学術集会は、9月に木村文昭先生が倉敷で開催されます。多くの皆様の出席と活発な討論を期待しています。また、本年は2年毎に開催されていますInternational BioIron Societyのmeetingが、6月7日から9日までポルトガルのポルトで行われます。前回の京都での鉄研究の進歩がさらに大きく開いている時期であり、日本からの多くの参加が期待されています。2年に一度の鉄に関する国際的な情報交換の唯一の場であり、今後この分野で一層研究を伸ばしていかれたい方には、ぜひ参加して世界の研究動向をつかまえていただきたいと思います。


特許法の規定に基づく学術団体指定の報告

日本鉄バイオサイエンス学会は、平成20年9月9日付で特許法第30条第1項の規定に基づく指定学術団体の指定認証を受けました。

これにより、学会員の方々は、学会発表後にも特許出願を行うことができる途が開けたことになります。もし必要な場合などございましたら、できるだけ早くに事務局までご連絡ください。

ただし、学会発表後の特許出願はあくまでも例外的措置であり、基本的には学会発表前に特許出願をされるようお願いいたします。

詳細に関しましては、特許庁ホームページをご参照いただくか、もしくは事務局までお問い合わせください。

特許庁のページ

事務局責任者:豊國 伸哉(名古屋大学大学院医学系研究科 教授)
事務局担当 :岡? 泰昌
■〒466-8550 名古屋市昭和区鶴舞町65番地
名古屋大学大学院医学系研究科 病理病態学講座 生体反応病理学
■メール:jbis@med.nagoya-u.ac.jp

新世話人の先生紹介(32回学会での承認)

32回の日本鉄バイオサイエンス学会総会で承認された新世話人の方々より世話人の方を紹介します。
  • 浦部 晶夫 先生 NTT関東病院
  • 山本 雅之 先生 東北大学大学院医学系研究科

BioIron2007京都フォローアップシンポジウムおよび市民公開講座の報告

 此の度は、BioIron2007京都フォローアップシンポジウムおよび市民公開講座にご協力、ご参加いただき、有難うございます。

 去る2月15、16日の両日に、日本学術会議日本鉄バイオサイエンス学会厚生労働省科学研究費補助金「難治性造血障害研究班」3者の共同主催により、東京都有楽町よみうりホールにおいて開催、シンポジウムには270名、公開講座には179名のご参加をいただき、活発な質疑が行われ、成功裡に終了いたしました。

 本シンポジウムは、昨年4月に京都で開催された国際バイオ鉄学会総会の成果を広く我が国の医師・科学者、一般国民に広く伝達することを目的として行われましたが、初期の目的を十分達成できたものと思います。

 これも、ひとえに会員各位のご協力によるものと篤くお礼申し上げます。関連資料等については本学会ホームページ(http://jbis.sub.jp/)に掲載いたしますのでご参照ください。

 本年は9月13・14日に、定例の学術集会が青森市において渡辺清隆会長のもとで行われますので、引き続きご参加いただければ幸いです。


代表世話人 挨拶 2008

謹啓

初春の候、日本鉄バイオサイエンス学会会員の皆様にはますますご清栄のこととお喜び申し上げます。

さて、昨年4月に本学会が日本学術会議と共同主催した2nd Congress of Internatioal BioIron Society (BioIron 2007 Kyoto)は、世界35カ国から約500名の参加をいただき、成功裡に終わることができました。

2年に一度世界のバイオ鉄研究者が一堂に会する国際会議であり、サイエンスと人的交流の面から大変高い評価を得ることができました。これもひとえに会員の皆様のご支援とご協力の賜物とお礼申し上げます。

会議および市民公開講座の両企画において、共同主催者である内閣府日本学術会議からも高い評価を頂戴し、早急にこの成果を学会および国民に広く還元する機会を持つことが決まり、内閣府日本学術会議、日本鉄バイオサイエンス学会および厚生労働省科学研究費補助金(難治性疾患克服事業)「特発性造血障害に関する調査研究班」の共同主催で、別紙のごとくBioIron 2007 京都 フォローアップシンポジウム(2008/02/15?02/16開催:東京)レセプションおよび市民公開講座(鉄と上手に付き合って健康に(2008/02/16 開催:東京))を開催することとなりました。

特別講演(海外招請演者3名)、シンポジウム3題を企画し、本研究分野に関する我が国での関心を高め、今後の研究分野のすそ野を広げることを目的としております。一連の活動を通して、我が国におけるバイオ鉄研究の一層の発展の契機にさせて頂きたいと念じております。

会員の皆様にあっては、本シンポジウムの趣旨をご理解いただき、万障お繰り合わせのうえ、ご参加いただければ幸いです。

謹白

日本鉄バイオサイエンス学会

代表世話人 高後 裕


ニュース2006/09/25

日本鉄バイオサイエンス学会ニュース1
  1. 第30回日本鉄バイオサイエンス学会学術集会が2006年9月16、17日の2日間、東京大学大学院農学生命科学研究科 西澤直子教授を会長として東京大学 弥生講堂において開催されました。特別講演1題、シンポジウム3テーマ(12題)、一般演題30題、イブニングセミナー、ランチョンセミナーが行われ、150名の参加のもと、活発な討論が行われました。
  2. 第二回国際バイオ鉄学会総会Second Congress of International BioIron Society, BioIro2007 Kyotoの案内ウエブサイトがもうすぐ開かれます。
  3. 本国際学会は、日本鉄バイオサイエンス学会と日本学術会議が共催して、2007年4月1日から6日まで、国立京都国際会館で開催されます。
  4. 演題募集等は、International BioIron Societyのホームページに9月末から掲載される予定です。海外からも多くの参加が予想されますので、当該ホームページをごらんの上、参加登録、演題提出、宿泊・観光予約などを行ってください。その概要は以下の通りです。

第二回国際バイオ鉄学会総会Second Congress of International BioIron Society

主催
  • 日本鉄バイオサイエンス学会
  • 日本学術会議
  • 運営委員長  高後 裕 (旭川医科大学教授)
  • 〃 副委員長 岡田 茂 (岡山大学教授)
  • 〃 副委員長 新津洋司郎(札幌医科大学教授)
  • 〃 副委員長 林 久男 (愛知学院大学教授)
  • 事務局長   鳥本悦宏(旭川医科大学助教授)
  • 日時 2007年4月1日?4月6日
  • 場所 国立京都国際会館
  • 演題募集 ウエブサイトにて(IBISにて)
  • 演題締め切り    2006年12月15日(予定)
  • 事前登録締め切り 2006年12月15日(予定)
連絡先 〒078-8510 旭川市緑ヶ丘東2条1丁目
旭川医科大学医学部 第三内科

日本鉄バイオサイエンス学会ニュース2

  1. 日本鉄バイオサイエンス学会では、BioIron2007の第1日サテライトシンポジウムとして、“Iron Overload in the Asian Pacific Rerion”をテーマとしたシンポジウムを開催します。シンポジウムオーガナイザーは、岡山大学 岡田 茂教授とQueensland大学Powell教授です。シンポジウムは、世界大会の開催にあたり、日本学術会議の助言のもと東南アジアにおけるバイオ鉄研究の振興を図ることを目的として開催されます。
  2. 日本鉄バイオサイエンス学会では、BioIron2007の開催期間中に市民公開講座を企画しています。公開講座オーガナイザーは、内田立見先生(香川県赤十字血液センター)です。本公開講座は、世界大会の開催にあたり、日本学術会議の助言のもと国民への鉄研究の理解と、鉄欠乏、鉄過剰による健康障害の理解の増進を図ることを目的として京都市内で開催されます。日時、場所は決定次第お知らせします。
  3. 第31回日本鉄バイオサイエンス学会学術集会は京都大学大学院医学研究科 豊国伸哉先生を会長に2007年4月6日午後、世界大会の終了日の午後に国立京都国際会館で開催されます。今回は、世界大会の終了直後の開催のため、午後1時半から5時半までの特別シンポジウム「鉄を起点としてがんを考える」を企画していますJBISの会員は、国際大会終了後、引き続きご参加ください。
  4. 第32回日本鉄バイオサイエンス学会学術集会会長には、北里大学獣医畜産学部 渡辺清隆教授が決まりました。開催地は青森市で、日時は追ってお知らせします。