日本鉄バイオサイエンス学会

一般社団法人 日本鉄バイオサイエンス学会 定款細則および代議員選挙細則について


トップページ >> 会則・概要・入退会 >> 一般社団法人 日本鉄バイオサイエンス学会 定款細則および代議員選挙細則について 【2014/09/14】

一般社団法人 日本鉄バイオサイエンス学会 定款細則および代議員選挙細則について

定款細則

第1条
この細則は、一般社団法人日本鉄バイオサイエンス学会(以下「本会」という)定款を補足し、その運用を円滑に行うために定める

第一章

 ■ 会員等
第2条
本会に会員として入会を希望する者は、所定の様式に必要事項を記入し、事務局に提出する。
会員の資格は、細則第3条に定める会費の入金が確認された日に発効する。
第3条
会員の会費年額は次の通りとする。
1)一般会員           5,000円
2)代議員            10,000円
3)学生会員           2,000円
4)賛助会員 年間一口    50,000円
第4条
学生会員は、高等専門学校、短期大学、大学学部、大学院の学生とし、学生資格を喪失時は、ただちに一般会員への変更手続きを行わなければならない。
第5条
名誉会員は、年会費の納入を要しない。ただし、学術集会参加費については、大会長の裁量による。
第6条
代議員もしくは世話人を定年により退任された会員は、名誉会員となることを希望することができる。ただし 理事会で承認を受けなければならない。
第7条
名誉会員は、代議員総会に出席して意見を述べることができるが議決権を持たない。
第8条
会員は、定款第11条により資格を喪失する。ただし4)賛助会員の場合には、理事会の議決を経なければならない。

第二章

 ■ 代議員及び理事の選出等
第9条
本会の代議員の任期は、定款第38条による。ただし次条の定年に該当する代議員はこの限りではない。
第10条
本会の代議員の定年は65歳とし、当該年齢に達した年度の総会開催日をもって退任とする。

第三章

 ■ 学術集会等
第11条
本会は、定款第4条第1号の事業として、毎年1回年次大会を開催し、会員に研究発表及びそれらに関する討議を行う機会を提供する。
第12条
原則として年次大会の際に、代議員総会及び学術集会を開催する。
第13条
年次大会に大会長を置く。
第14条
大会長の選定は、理事会で行なう。大会長に事故があるときは、理事会がその代行を定める。
第15条
大会長は、年次大会に合わせて、市民公開講座等を開催することができる。
第16条
学術集会に演題を提出するものは、本会の賛助会員以外の会員でなければならない。ただし、大会長が認めるものはこの限りではない。
第17条
年次大会の運営費にあてるため、参加費を徴収することができる。
第18条
大会長は、必要があるときは、理事会に出席し意見を述べることができる。

第四章

 ■ この細則を変更しようとするときは、理事会の議決を得なければならない。
附則
この細則は、平成26年9月7日から執行する。
附則
この細則は、平成26年9月8日から執行する。

代議員選挙細則

第1条
この細則は、一般社団法人 日本鉄バイオサイエンス学会(以下、「当法人」という。)定款第29条に基づいて代議員選出に関し必要な事項を定める。
第2条
第2条 代議員の定数は、定款28条に定めるところの正会員5人の中から1人とし、端数があるときは、1名加えるものとする。
第3条
代議員選挙は、2年に1回、6・7月に実施し 郵送による代議員候補者の信任投票とする。ただし、正会員の1/2を超える不信任が投票された場合は、不信任が成立する。
附則
この細則は、平成26年9月8日から執行する。

(平成26年 09月 08日改定)

一般社団法人日本鉄バイオサイエンス学会 定款 テキスト版 のページ

一般社団法人日本鉄バイオサイエンス学会 定款 PDF版 のページ


このエントリーをはてなブックマークに追加