日本鉄バイオサイエンス学会

錠剤の適正使用による貧血治療指針 改定【第2版】


トップページ >> 研究レポート >> 錠剤の適正使用による貧血治療指針 改定【第2版】 【2011/04/15】

錠剤の適正使用による貧血治療指針 改定【第2版】

当学会監修で作成した貧血の治療指針に関する、錠剤の適正使用による貧血治療指針 改定【第2版】という書籍があります。

こちらにつきまして、出版元の響文社様より、データの公開許可を戴きましたので、今回当サイト上で公開いたします。

内容抜粋

鉄欠乏性貧血に関する診断・治療の指針を、鉄代謝のこれまでの歴史的かつ一般的な診断・治療法についての客観的な記載を重視して、日常診療でより使い易いようにまとめる。栄養指導に役立つレシピー等も掲載。〔初版のタイトル:鉄欠乏・鉄欠乏性貧血の予防と治療のための指針〕

1 鉄欠乏・鉄欠乏性貧血とその治療指針(生体内鉄代謝の機構)
 鉄欠乏・鉄欠乏性貧血の予防指針
 鉄欠乏性貧血の治療指針
 鉄欠乏性貧血と鑑別すべき二次性ヒンケツ(症候性貧血)
 栄養学からみた鉄、鉄摂取の食品メニュー
2 鉄剤適正使用のための指針(鉄の生理作用と過剰鉄による臓器障害)
 鉄剤の臨床効果と使用上の注意
 各領域別鉄剤使用法:(どのような疾患、病態に、どのように使用するか)
3 補遺(エリスロポエチン使用による至適ヘモグロビン濃度と鉄剤使用)
 エリスロポエチンを使用した自己血輸血
 輪血後鉄過剰症と鉄キレート療法
 鉄代謝のバイオマーカー
4 付録

錠剤の適正使用による貧血治療指針 改定【第2版】 PDFダウンロード(15.86MB)

書籍としての購入をご希望の方


※amazonが高いケースもありますので、グーグルなどで本タイトルの検索もかけてみてください
※無断加工、転載につきましては許可しておりません。転載などをご希望の方はお問い合わせください。

このエントリーをはてなブックマークに追加